15:28:36

人狼物語 三日月国


112 【R18】アルステラのもとに婚姻を

情報 プロローグ 1日目 2日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


[尻尾も耳も、普段は隠れているせいか触れられることに弱い。
自身で触れてみてもその感覚は分からないが、人に触られただけでもびくっとしてしまう。
シャオロンに意図的に触られるようになってしまったら、声を抑えられるかも分からない。

―――今も。
身体の中心に埋まる彼の頭が、秘所を隠す襞を掻き分けて奥を嬲る。]

 
 ……は、ぁぅっ……、ンンっ……
 ひ、ぁぁっ……ぁ、ぅっ……

 ら、め……おかしく、なっちゃ……うぅっ……


[浮かべた笑みにまた胸がきゅうと鳴った。
踏み荒らされていない小さな入り口は、シャオロンの舌を受け入れてひくひくと淡く動きを見せる。
次第に響いていく音が大きくなる。
彼の口から吐き出される息が熱い。

奥まった部分に舌を埋め込まれると悦ぶように花唇が、ちゅうと舌先を締め付けて。]

 香りもオレは好きだぞ。
 マンユゥの匂いだからな。


[強くなる女香を胸いっぱいに吸い込んで見せる。
ジャヤートが触れる度に女香は強くなっていく。
女香が強くなればなる程に表情は蕩けてゆき秘花は麗しい色合いを呈していく。

 これが女になるということかと。
口にはしていたものの初めて光景を見るジャヤートは感慨深いものを感じるより他はない]


 なんだ、舐めて欲しいのか?
 おまめは好きか?


[ダメと言われたことをしていく。
本当にダメならば強く拒絶してくれるだろうと。
充血する秘芽にも舌を這わせて唇で吸い付いては音を立てていく。
吸われていることはそれで伝わるだろうが、それよりも尾の快楽には勝てないようだ。

 甘い囀りが浴室に響いていく。
快楽は止め処なく続けて送れば軽く達したのだろう。
また強くなった女香が溢れ出る愛蜜を共に押し寄せそれを啜るとジャヤートは頭をあげた。

 マンユゥはすっかり蕩けてしまっていたろうか。
蕩けた表情を穏やかな陽光のような眼差しで見つめるとそれに反して舌は小悪魔のように舐めたばかりの愛蜜を唇から舐め取って見せていく]

 ふぅ――。


[熱い、呼気を漏らす。
脚を広げさせたままにジャヤートは正中に沿って身体を覆い被せていく。
その合間にも下腹にキスをし、臍にキスをし、胸の下にキスをする。
両の乳首もねっとりと唾液を絡ませると漸くと、唇同士を触れわせた。

 舌をマンユゥの口内へと潜りこませれば唾液を流し込み喉奥もまた自分のものだと主張する]


 嗚呼――愛いなぁ、マンユゥ。
 おまんこも、顔も、乳房も、尻尾も。
 全部蕩けてしまって愛おしいことがこの上ない。


[もっと愛してしまいたい。
もっと甘い声で鳴かせてみたい。

 嗚呼、だが――]


 オレもそろそろに一つになりたい。


[その欲求に勝てるものはなく。
どうだろうか、と瞳を覗き窺う*]

[求められている。

「好きになりたい」から今までのほんの数分、恋心を深めることには成功しただろうか。
小龍の方は、自分に課した制限を外しても良いとわかった瞬間から、加速度をつけて彼女の反応のひとつひとつに溺れている自覚がある。]


 
あーそこからかぁ……
 そーだよな、自分でシたこともなさそーだもんな……



[子作りが目的の婚姻なのだから、男性が女性の膣に挿入するという行為自体は教えられているだろうが、その行為で女性側も快感を得ることや絶頂に至ることまでは知らない可能性がある。
それでもちゃんと小龍の愛撫に合わせて快感を拾うところもまた愛おしい。]


 甘いのはレイだろ、


[吸い付くようなキスを受け取る瞳が細められる。
くちづけの後の感想の声も含め、やはり彼女の方が甘い。

優しくはしたい。
他の誰に思われなくても、レイにだけはやさしいと思われたい。]

[舌足らずに制止の声が聞こえる。
こればかりは止めてやれないから、答える代わりに強く舌を突き入れた。

伸ばした分、上唇が被芽に当たる。
小刻みに動かして、そこからも快感を引き出そうとした。]


 ……しゃおろん……、?
 

[小さく落とされた声に不思議そうに首を傾ける。
子を為すことは理解しているつもりだが、具体的な作り方は「旦那様」に直接教わるようにと教えられた。

今はシャオロンになら全てを委ねてもいいと思うほどに心を寄せている。
快楽に満たされていくことは、少し怖くもあるけれど、彼がゆっくりと導いてくれると思えば、不安はない。

寧ろ「痛み」よりも気持ち良さが次々に訪れることに、自身の身体は可笑しくなってしまったのではないかと思う程だった。]


 ……あまいのは、や……?


[そのまま言葉を返される。
向けられる瞳が優しいから、少し困らせるような質問を返して。
もう一度、唇を触れさせる。
彼に教えられたキスは優しく、口端に、頬に降り落ちる。]

[だめ、と引き止めるように首を振るのに、シャオロンの動きは止まらなかった。
返って強い刺激を与えられて、またじんじんと下腹が痺れていく。]


 ……ふぁ、ぁっ……ンッ……
 しゃお……ッ、らめっ……も、っ……


[内壁を探る舌に膣が絡みついて、淫芽を刺激される。
内側からと外側からの刺激に、ぶわりと身体の熱さが増して。]


ち、ちが、ふぁぁぁっ……!!
あああっ、はぁあん、ぁあぁっ……!

[口では否定するも、
実際の所悦んでいるのは
身体の反応を見れば一目瞭然だろう。

淫核をぢゅうっと吸われ、
強い刺激に弓なりに背を逸らした。
刺激されれば乳首と同じように
充血してぷくりと腫れ
更なる快感を齎していく。]

はぁ、あっ、ぁぅぅん………っ
ふ、……っ ♡♡♡

[絶え間なく尾に快楽を送られ
あっさりと軽い絶頂を迎えてしまう。
その波が引かないうちに愛蜜を吸われ
ぞくぞくと肢体を震わせた。]


んっ、…… ふぅ…… はぁぁっ……

[暫し舌で舐られた後
唇が下肢から離れたかと思えば
彼の身体が覆いかぶさって来て
ぼんやりとそちらを見上げた。

身体のあちこちに落ちるキスに
性感は落ち着くどころか
じわじわと炙られるのを感じ
そわりと尾がくねり、蠢いた。

熱い舌が口内を犯し、こくりと体液を嚥下する。
酒と唾液と自分の愛液が混ざった
独特の味が口の中に広がって、
また胎の奥が疼く心地がする。]


じゃや、……とぉぉ、

[蕩けながら愛しいと囁く彼の名を呼ぶ。
彼が何を求めているのか―――
それはきっと自分と同じだ。

――……もっと深く、彼と繋がりたい。

今だけは婚姻の儀も何も関係ない。
ただの女として、目の前の男を求めていた。]


うん、………いいよぉ……
きて…?ジャヤート………


[肯定と共に、今度は自分から。
ちゅ、と唇に軽くキスを落とした。**]




   それも、そうか。……慣れていこう。
   君と一緒なら慣れて行く気がする。



[ 慣れるための相手はやはり彼女がいい。
  気恥ずかしさとともに幸せを感じられるから。
  彼女でない女性ならばその幸せは偽物か、
  本物になっても彼女とのほどのものではない。
  大袈裟かもしれないがそれほどに、
  シャーレン
デイジー
は大きい存在だった。

  父親になるということの重みを実感できるのは
  いつになるだろうかと、いつか話したい。
  彼女がコンと一緒で子供はまだ、と
  考えを持っていると知れば、
  愛情表現の仕方を考えようと思うだろう。   ]







   なんだ、言質を取るのが上手い自信があるのか。
   沢山甘えてくれ、俺のお嫁様。



[ まさか彼女が甘え上手で、誘導が上手いとは
  全く思ってもいなかったコンは、
  少し苦笑いを見せたけれども、甘えてほしいと
  切に願っているから、嫌ではなかった。

  シオンとレイは同じ女性だから大丈夫として、
  ジャヤートも多分マンユゥの姉分である
  シャーレンを茶化すことはない。
  となると茶化すのはその他もろもろ。
  家から出さなければいいのか、と
  ふと思うコンだが、それでは苦しい生活になる。
  それは彼女にとってもよくないため、
  衣服で隠れる場所に印をつけていこうと決めて。  ]







   まだみぬ夫の為に綺麗にしていたと思うと
   あまりいい気はしないが、
   俺のためにと考えていいのなら、
   とてもいい気分になる。



[ これは、1日や2日でできる肌ではないと
  分かるからこそ、コンの手はその肌を堪能する。
  彼女の全てを、コン以外が知ることのないように。

  これから先、家から出ることができない日も
  多少できるだろうから、そんな日は愛を確かめ合う。
  そんな1日を彼女が過ごしたいと思ってくれるなら
  全てを任せてほしい。
  もちろん、嫉妬したことを言われたなら、
  可愛い人だと思い、体が動かなくなるまで
  その体を可愛がってしまうような男である。   ]








   ……俺も、妹を紹介しよう。
   まだ未婚だから旦那はいないが。


[ 親にも合わせていないので、一緒に合わせよう。
  それは、ある意味隠し事を曝け出す時になるかも。
  彼女と会っていたこと、心が通じていたこと、
  そしてまた出会って夫婦になったこと。
  その全てを曝け出す日になるだろう。

  彼女がコンに下着を選ばせるのなら、
  まじまじと見ながら、恥ずかしそうに選び
  けれども着るところは見たがるかもしれない。
  見せてくれないのなら、少し拗ね気味になるかも。 ]






   あ、いや、……面倒、ではない……が……

   綺麗で、その…大きい、な…


[ 口がうまく動かなくなってきた分、
  コンの手は素直に彼女の胸から離れない。
  やわらかい肌が、更に柔らかく感じられ、
  乳頭に吸い付く行為がやめられそうにない。

  舌を這わせ硬くなってくると、
  コンは肩に吸い付いていたように
  ちぅっと乳首に吸い付いて、
  更に硬くしてしまおうと思った、
  吸っていない方は、親指と人差し指で
  つまむように挟んで、優しく揉んでいく。

  軽く身を捩らせる彼女の反応はどうだろうか。 ]*





[独り言は不安がらせたか。
何でもない、と笑顔で首を振った。]


 いいや、好きだ。
 好きだから甘く感じるんだ。


[甘いものを口にした直後ではなくても。
肌に甘味料を塗っていなくとも。

彼女が好きだから甘く感じるし、彼女が自分を甘いと感じるならば、同じ気持ちなのだろう。

もう何度目のキスか。
触れ合うことに、もう抵抗はなく、彼女自身からも積極的に求められる。]


 っは……、はぁ、
 大丈夫か? ……上手にイけたな?


[顔を上げて、彼女の頭を撫でる指先はピンと毛が逆立った獣耳にも触れる。
わしゃわしゃと艶のある髪を掻き乱しながら、寝台傍に置いてある水で軽く口を漱いで杯に出した。
酒の方も一口瓶から直接飲んで咥内をリセットする。

初めてで、口淫後の唇とキスできる図太さは流石にないだろうし、それを強行する旦那と思われるのも嫌だった。]


 その内、俺と繋がってる時にもさっきみたいにぎゅーってなって、イけるようになる。


[ちゅ、と合わせた唇からは酒の香りで満たされていた筈。**]


  
 ……ん、……
 じゃあ、しゃおろんがあまいのも……、
 レイが、すきだから、だね、


[甘い理由を教えられて嬉しそうに笑う。
自身のことを名前で呼ぶのは、シャオロンに対する甘えの現れ。
互いに甘いと感じるのなら、同じくらい「好き」が増えているのだろう。
近づいていく距離にうっとりと目を細めた。]

[絶頂に暫く戻れないまま、足先がピンと張る。
シャオロンの唾液と混じり合った蜜が、彼の唇と寝台を汚して臀部にまで滴り落ちた。]


 ……っ、ぁ、……はぁっ……、
 ……はっ……ぁうっ……ン、

 いまのが……、イく……?


[ず、と腰がずり下がって敷布の上に沈む。
昂りにぶわりと広がった尻尾が、ゆらりと揺らめいた。

ぽうっと逆上せた頭でシャオロンを見つめる。
獣耳に彼の指先が触れれば、悦ぶように耳がぴくぴくと震えて。]


 ひぁ、ッ……、
 みみは、さわっちゃ、だめっ……


[達したばかりの後の刺激に、ぶるりとまた身体が震えてしまう。
何気なく触れたのだと分かっていても、弱い箇所を触られるのと堪らなくなってしまうから。]

[髪を掻き乱されて、寝台に菫色の髪が広がる。
水に手を伸ばすシャオロンを寝転んだまま見送って。
離れた距離を引き戻すように、つん、と衣の裾を引いた。

横になりながら彼の言葉に、ぎゅー?と反芻する。]


 そうしたら……、
 しゃおろんといっしょに、イける……?


[一人よりも二人で気持ちよくなりたい。
寝台に戻ってきた彼と唇を合わせれば、酒精の香りがして。
ただでさえ甘いのに更に甘くなった気がして、ちろ、と舌先を出して唇を舐める。]


 ん……、もっと……


[もう何度くちづけを交わしただろう。

初めてのキスは涙の味。
快楽を教えられた後のキスは、お酒の味。

もっと、味わいたくて甘くねだった。**]

2人でなら、きっと大丈夫。

[人前でとなると確かに気恥しさはあるけれど、時間が経つと共に慣れていく筈で、もしかしたら彼の嫁は私なのだと自慢するように見せつける日だって来るかもしれない。
それは彼が相手でないと出来ないことだし、万が一に彼以外が旦那となればそんな未来は有り得なかっただろう。

子供が欲しいという思いはあれど、今まで過ごせなかった彼と2人の時間を満喫してからでも遅くない筈だ]

ふふ、家柄的にね。
もちろん…たくさん甘えさせてね、私の旦那様?

[少し苦笑いを見せたものの嫌ではなさそうで、これからは張り切って言質を取ることに決めた。

シャーレンは避けれるものは避けるが、あえて茶化されても堂々と自慢する、ということだってあるかもしれない。
彼の内心がどうであれ、その辺りはシャーレンは全く気にしない派であった。
なにせ、両親が未だに睦まじいので]

私の旦那様は他の誰でもなく貴方になったのだし、これからは貴方の為だけに綺麗になるわ。
だから、たくさん褒めて堪能してね?

[付け焼き刃ではなく、日々の積み重ねの成果である肌も似合う服装や化粧も、これからは全て彼のためになるのだから存分に堪能してほしい。
そしてたまにでもいいから褒めてほしい。
それがシャーレンのやる気に繋がるので。

これからの人生、長いのだし家に籠らなければならない日だってあるだろう。
そんな日も、そうじゃなくても、愛を確かめ合うのはいつだって大歓迎だ。
嫉妬したと話して抱き潰されたとて、喜んでしまうような女である]

妹さんを?
嬉しいわ!

[こちらも顔合わせをしていないので、落ち着いたら両親や兄たちに会わせたい。
彼と義務で結婚したのではなく、彼の事を愛しているからだと伝えたい。

彼の反応が気に入れば、下着も定期的に選んでもらうだろうし、着るところだって見せるだろう。
たまに意地悪で見せない可能性もあるが]

ふふ、ありがとう。
気に入ってもらえたみたいで良かったわ。

[彼の手が胸から離れないので、気に入ってもらえたようだ。
硬くなったそれに吐息は甘くなり、片方は吸われ、もう片方は摘むように指先で挟まれ優しく揉まれて、アッアッと小さく嬌声が零れだしたか*]

 マンユゥ……。


[唇に触れる優しい感触に自然と笑みが零れ落ちる。
マンユゥを愛せる幸せを噛みしめながら身を起こす。
左手を後ろに回せば石鹸の横に置いてある香油を魔法で弾いて飛ばしたものをキャッチする。
香油が入った瓶の蓋を開ければ甘ったるい花の香りが充満する。
落ち着く類のものではない。
欲情を掻き立てる類の花の香りがする香油にある蜂の魔物が女王を育てる際に使うエキスを混ぜ込んだそれはとろりとした粘度でありながらさらりとした感覚もある。

 その香油をジャヤートは自身の猛りへと塗す。
先端からフォルムに沿って伝い落ちるそれを瓶を横に置いた後に屹立に塗り込んだ]

 すっかりと蕩けているが……。
 女の初めては痛いらしいからな。


[滑りの良くなった獣性の象徴を手にするとその先端を愛蜜を溢れ出させている秘孔へと宛がった。
一度、二度と入り口に押し当てたままに擦り付ける]


 いくぞ。


[孔の角度を探ると視線をあげ、瞳を見つめて合図の言葉を送る。

 ゆる、と先端は愛液と香油によって滑るように抵抗も薄く入り口を押し広げる。
止めるものは乙女の証のみでありその手前まで押し入れると身を乗り出してマンユゥの身体を抱きしめた]

[耳元で囁きかけるとその姿勢のままに腰を動かす。
証の抵抗を自身の体重と湯のベッドの弾力で穿つとそのままずるりと奥へと屹立は埋まっていく。

 それでも媚肉が抵抗をしようとしただろうが蕩けた蜜洞はそれを良しとせず。
奥底の疼きの元までその先端は届き入り、こつり、と到達を伝えるノックをした。

 ジャヤートは顔を、瞳をマンユゥへと向ける。
痛がってはいないだろうか。
心配気に様子を窺い、頬に軽く口づけを落とした**]

[一人称が自分の名前になっている。
それがまるで子どものようで、それでも目に移る肢体や耳に届く声色は確かに「女」で、のめり込むように愛撫に没頭した。

互いへの恋心が甘味に変わる。
これからもっと甘くなるかもしれない予感に咥内に自然と唾液が溜まった。
それを飲み下せたのも、彼女を口で愛撫するまでのこと。
絶頂に伴って戦慄く双丘の狭間をてらてら光る液体が零れ流れていく。]



 そう。きっとな。
 びくびくって震えるの、自分じゃ止められなかったろ?


[詳しい感覚は、女性ではないからわからないが。
膣が締まる状態、というのは彼女では自覚しにくいだろうし。

絶頂からまだ戻り切っていない様子の彼女を撫でると、耳に触れた瞬間、また強く身体がしなった。
ニィ、と口角が上がる。]


 つまり、「感じる」んだろ?
 なら今はやめられねーな。


[先刻は外だったし、想いが通じる前だった。
今は、こんなに敏感な場所を放っておける訳がない。
付け根から毛を逆立てるように撫で、親指で耳殻のような、毛のない部分をぐりぐりと刺激した。
快感が過ぎて苦痛になる前には手を止める。]

 




情報 プロローグ 1日目 2日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


←↓■□フィルタ

注目:シオン 解除する

生存者 (8)

シャオロン
5回 残----pt

レイの隣

レイ
8回 残----pt

シャオの隣

ジャヤート
2回 残----pt

いちゃこら

ユンチェ
0回 残----pt

おふ

マンユゥ
3回 残----pt

いちゃいちゃ

シオン
4回 残----pt

 

シャーレン
0回 残----pt

貴方に幸せを

  
0回 残----pt

愛してる

犠牲者 (1)

とある書物(2d)
0回 残----pt

 

処刑者 (1)

ルーパイ(3d)
0回 残----pt

 

突然死者 (0)

舞台 (0)

発言種別

通常発言
独り言
内緒話
囁き系
死者のうめき
舞台
置き手紙

一括操作




発言種別注目






















(0.08 CPUs)
運営 moonpupa
人狼物語 by あず/asbntby
人狼議事 by ななころび
トップバナー画像 by naomyplum
人狼物語画像 by Momoko Takatori
Schwarzwald(黒い森) by hagios
トロイカ TYPE:А / 哀愁のタタロチカ by かえるぴょこぴょこ/あさくら
ようちえんせんき かりんか / ハロリンカ / 凍れる水車 by かえるぴょこぴょこ/あさくら
霧雨降る街 / 少し大きな霧雨降る街 / 蒸気満ちる宴 by きりのれいん
メトロポリス / バビロン / ギルガメッシュ by すむろ水
ひなだん by hinaki
壱番街 / 壱番高校 by 壱猫[onecat]
外道大戦 by mtmt
都道府県キャラセット by kairi(企画代表)
繋<つなたま>魂 / 班帝家の一族 / H)SOCIUS(A by めいあ
もふぁんたじぃ / もふぉれすと by ほのゆる
Cathedral / 学園Cathedral / Grand Cathedral / 学園Grand Cathedral by Izuya
夜月町 by 夜月けい
南区 / 古今東西 by 南
IRO-COLORE(いろころる) by Izuya, 南
お茶会 / 演奏会 / 花見会 by ゆひろ
GNL / GNL+ by guiter-man
ジランドール / イルミネーション by may-co
シキメグリ by afinter
-汝人狼也-人物画 by 878, かんこ
closure / closure' by 閉
Emoricu, Cumorie by milk_sugar
ワンダーズ言戯団 by pike
宝石箱《Jewel Box》 by 宝石箱制作委員会
文明開化 by sin
カティサーク by apricot with y_hyuga
月狼学園 / 人狼署 / 狼達の軍歌 by apricot
花一匁 / 桃酔郷 by さね
po!son / Girl's Talk by pure_g
madparty by シロクマ
rhizome by CH3COOH
曲芸会 / 曲芸会Hello! by otokasa
AtoZ by 築
瑞洋館 by ういろ
LastSunday / HeaVen by 志摩
かくりよ by plmi
桃色concerto by 桃昆布
狼兎 by クロマ
人狼ヶ谷学園の放課後 by 竜山明日佳
bAroQue / tradimento by souya
Bokuyume. by 卜部
FGOキャラセット by 有志一同
魔法少女は眠らない by 魔法少女チップ企画
Liberte by みぃな
噛志野医院 by manamiz
メギド人狼 by メギドチップ企画
absolventi by ぶんちゃん
歳時抄 by 小由流
文アルセット by 文アルセット企画
荘園パック by ARC(企画代表)
Friends by 真知
城下町の酒場 / 大神学園 by じっぷ
エッグ by 朧恩
ぐれすけ・ぷらす by 純
ニューホライズン by youden
バーバチカ / プトロレ by たべ
ユメツナギ by 天瀬春日
StarGazer by CONBE
御常紀学園 by HS_29
オハナシノクニ by オハナシノクニ制作委員会
Fragment of Jewels by 粉海月
花園女学院 / 他種族孤児院 by はこみ
xxxx組 by サイコ瓦
おりふし学園 by めんるい
Fairytale Syndrome by hTuT
お野菜キャラセット画像 by 無料素材倶楽部
Siuil a Run by 匈歌ハトリ
紫煙をくゆらせ by 空砂
RocketPencil by 山本羅刹
エトリエ / エトリエ・戦国 by とり
ボワボンボン by あとらそふと
古の迷宮 by とり夫
JEX Online by katarazu
煌夜の決闘 by ジュエルセイバーFREE
こだわりアイコン by fatcow
トランプ画像 by しろま空間
リンソン by moonpupa