16:16:17

人狼物語 三日月国


112 【R18】アルステラのもとに婚姻を

情報 プロローグ 1日目 2日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


[達することの快感を教えられて、夜着の裾をきゅっと掴む。
身体の自由が効かなくなって、うち震えるように身が震えて、激しいハレーションを起こした。
初めての絶頂はあまりにも快感が過ぎて、ただ小さく頷く。]


 ……うん、びくびくして、
 きゅううってお腹がせつなくなって……、
 まっしろになって……、


      
 ……、……きもち、よかった……



[ほう、と艶の残った溜息が零れる。
一度味わってしまえば癖になりそうなほど、背徳的な快感。
また求めてしまいそうで頬が染まる。

ちら、と視線を上げれば意地悪そうに笑うシャオロンが見えて。
指が悪戯を仕掛けるように耳に伸びた。]


 ひゃんっ、あっ……ぁッ、ぅンっ……
 ゃ、っ……いじわるぅ……っ、ぁ、ぁんんっ……


[ピンと立ち上がった耳は、彼の指の形に変えられて。
内側が一気にピンク色に染まる。
指先が蠢く度に、ぴくぴくと耳先が揺れて、喉奥から声がとめどなく溢れた。]


 あっ、……ひうっ……、
 ……また、かんじちゃ、うぅ……っ、


[落ち着いたはずの呼吸がまた乱れ、愛撫から解放されれば、へたりと耳が力なくたたまれる。
身体に力が入らず、くったりとシーツに沈む。]

[今日は無理でも。
二度目、三度目があることに頬に朱が走る。
それでも、二人で迎える快感の悦びには抗えない。
はにかむように笑って、うん、と小さく頷いてレイもそれを望んだ。

約束のように唇を重ねれば、次第に深くなっていく。
咥内を擽られて、息が上がり、応えるように舌を差し出せば絡め取られる。]


 は、ふ……っ、ぅん……、
 ンン、ぅ……、ふ、ぁ……っ、


[くちづけを交わしながら、シャオロンの手がまた下肢に伸びて、舌先で溶かされた秘裂に指が埋まって。
思わず内股に力が篭もって、シャオロンの腕を腿で挟んでしまう。ンン、と口腔内でくぐもった声が漏れた。**]

[彼が近くに置いてあった香油の瓶を空ければ、
甘たるい、それでいてどことなく淫靡な香りが
むわりと浴室内に充満した。

すん、と鼻を鳴らして吸い込めば
頭の芯がぽーっと熱くなって
火照った身体が更に疼く心地がする。

香油を塗り込まれて
てらてらと蜜を垂らす男性器が
ぐっと自身の秘劣に押し当てられる。

陰唇に擦りつけられれば
それだけで快感を拾い
ん、と甘い声を漏らして]

……ぅ、うん……っ、

[瞳が合えば小さく頷いた。]


んあぁぁあっ……!!!!

[ぐっと彼が腰に力を入れれば
雁首がずるりと中にめりこんだ。
狭い膣道を押し広げて
ずぶずぶと異物が入ってくる。]

……ふ、ぅぅうっ………
んぐぅっ……!!

[前戯で濡れているのと香油の滑りのおかげで
そこまで引っかかるようなことはないが
肉が裂けるような特有の痛みは
完全に消すことは出来ない。

目をぎゅうっと閉じて
受け入れる感覚に暫し耐え]


ん゛ん゛っ......!!!

[ぶぢ、と鈍い鈍痛と共に
熱杭が一段深いところに入り込むのが分かった。
その先にも彼が腰を推し進め
一番奥へと入りきったところで止まった。

ぎゅっと閉じていた目をあければ
うっすらと生理的な涙がにじんでいる。
心配そうにこちらを見つめる眼差しに気づき、
薄く微笑みを浮かべた。]

は、ぁっ......!!
う、うん、だいじょぶ、だよ、
はぁぁぁ......ん......っ

[違和感はあるけれど、
思っていたよりもは痛くない。
血も薄く滲んでいる程度だろう。

それよりもみっちりと奥までを満たされる
充足感のようなものを感じていて、
早くもそわそわと腰を揺らめかせていた。]

(は、はううぅ......っ♡
な......なんかっ......これぇぇ......♡)

[はあはあと、隠しきれない欲情の吐息が浴室内に響く。**]

[初めての絶頂は腹がせつなくなったらしい。
腹がせつないという感覚はどうにも小龍には理解できなかったが、気持ち良かったと言っているのだから、悪い意味ではないだろう。
余韻残る溜息は艶めかしく、まだ処女であるとは思えない程の色気を放つ。

目を細めて舌で自分の唇をチロ、と舐めたのは無意識。
まるで狩りに赴く獣のような動作。
獣の特徴を持っているのはレイの方なのに。]


 すっげ、そんな感じるんだ?
 外で触らんねーように気をつけねーとな……
 俺以外に触らせるなよ?


[むしろ、こんなに魅力的な耳や尻尾を、これまで触りたいと思った男が実行しなかったのが不思議だ。
実行しなかった、と決めつけるのは、こんな反応を見て理性を保てる男なんていないと思うからである。

手を離せばくたりと敷布に身体が頽れるのを見ると、もしかすると軽くイッたのかもしれない。
今後も色々遊べそうだ、という目論見は内心に留めておく。
彼女が音を上げてしまえば本懐が遂げられなくて困るのは小龍の方なので、今は我慢だ。

一緒に達することを、彼女自身も望んでくれている。
それが嬉しい。]


 っ、あんまり力入れると痛くなるぞ?


[舌で舐った後なので、指は割と難なく沈めることができたが、そこから動かすのを腿に阻まれてしまった。
ぺちぺちと反対の手で白い肌を軽く叩いて力を抜くように言う。

気を逸らせる為に触れてはすぐ離すキスを繰り返しながら、ゆっくりと指を抜き差しし始めた。
乾く前に新しい蜜を誘おうと、足の力が緩んだ隙に秘芯を摘まんでくりくりと動かす。
膣が馴れたら指を増やし、段々と小龍が「そこ」に挿入る為に拡げていった。**]

 ん、マンユゥ……。


[目元に涙を浮かべながらも精一杯と微笑んでくれる。
小さな体を穿つ剛直はまるで拷問器具のようにも見えるのは結合部から見える血の色も相まったものだ。
だと言うののにジャヤートを抱きしめ返してくれ――]


 ……まんゆぅ?


[腰を揺らめかせ始めていた。
尻尾ではなく、腰である。
中はどろどろに蕩け非常にきつく媚肉が締め付けてくれているのでジャヤートは心地好いのだが脳裏に女は初めては痛いという情報が浮かんでは湯気のように消えていく。

 試しにと腰の動きに合わせて円を描くように腰を動かし蜜洞を拡げるように動かせば一層と淫らな吐息が漏れていくようでもある]


 きもち、いいのか?


[それはそれで良いことであるから、ジャヤートは痛みを催さぬように蜜洞の行き止まりを屹立の先端で刺激しながら秘豆を圧し潰すようにして捏ねていく。
香油を身体にも垂らし、抽出の動きではなく中で捏ねくり掻き混ぜていきながら身体を擦り合わせていった*]

[悪戯に笑顔を浮かべる様は少年のようなのに、ふっと色が落ちた見返す瞳は獰猛さを残す。
唇を舐める仕草が淫猥で、「男の人」だと強く意識してしまう。
触れ合っても居ないのにまるで味見されているような、品定めされているような気分になってドキドキした。

この胸の高鳴りが、恥ずかしさからくるものなのか、期待からくるものなのか分からなくて戸惑ってしまう。
それでも、彼に手を伸ばしてしまう辺り、後者なのだろう。

馴らすように覚えさせられた快感に堕ちていく。]


 
 ……んっ、……ぅ、……
 ……しゃお、が、……さわると、ね、
 きもちぃ、から、……びくっ、て、なるのっ、

 こんなの、……ぁ、
 ……しゃおだけ、だもん……


[自身で触ってもこんなに感じることはなかった。
驚いたときにしか現れないから見せる人物は限られているとはいえ、触れようとする人にはつい警戒してしまう。
万が一触れられたとしても、こんなに悦ぶように反応したことはない。

シャオロンが特別なのだ。

彼の忠告にはこくこくと頷いて、シーツに埋もれたままシャオロンを見上げる。
一度達したはずなのに、身体には甘い痺れが残っている。
尻尾がするりと彼の腕や手の甲を擽って、誘うように揺れた。]

 
 ふぁ、ッ……あうぅ……
 ……いたいのは、……や……


[足を開くように促されて、羞恥心を堪えておずおずと足を広げていく。
今は痛みはないが、この後もっと痛みを感じるようになるのだろうか。
破瓜の感覚はまだ知らない。

ぬぷ、と指が奥まった箇所に入れば、とろりと蜜が零れる。
次第に与えられるキスに意識を奪われて、足先から力が抜けていった。
とろんと眦を蕩けさせてキスに夢中になっていれば、花芽を突付かれてまた腰が跳ねて。]

  
 ……ンンぅッ、……ふ、ぅ……
 ぁ、ぁッ……、く、ぅンッ……、

 ……っふ、……ぁっ、しゃお……
 おくっ、……むずむずして……
 ……、あつい、よぉ……


[丁寧に身体を溶かされて、彼を迎えるように身体が開かれていく。
内壁を犯す指が増えていく度に、苦しさを感じるものの。
それ以上に上回る快感に涙を浮かべて困惑する。

ぐるぐるとお腹が熱くなって。
指が引き抜かれそうになると引き止めるようにちゅう、と内壁が吸い付いた。*]

[触れ合う内にどんどん好きになる。
彼女の方もそうであれば良い。

耳を触ってこんなに身悶えするほど感じるのは小龍だけ。
それが、彼女が自分に捕食されるのを望んでいるかのように感じて堪らない。

「しゃお」と呼ぶ声のトーンが甘いことも、独り占めさせてもらう。
もう外で驚くようなことは迂闊に出来ないなと思った。
触らないように気をつけると誓ったばかりで情けないが、一度目にしてしまうとやはり考えるより先に触ってしまいそうなので。]



 うん、
 俺も、レイが痛いのはやだから、ナカがぐずぐずになるまで解すよ。


[指の太さすら拒むように締め付けるそこを丁寧に伸ばして可動域を広げていく。
媚肉自身に伸びるのだと言い聞かせるように、2本突き入れたのなら中で指を開いて洞に空気を通した。

息を止めたら身体が強張るから、キスは軽いものだけにするつもりが、レイの方から求められるのに応じていたら、いつの間にか深く貪っていた。]


 ――うん、俺ももう我慢の限界。
 
 痛くても止めてやれねーから、息だけは止めんなよ?


[引き留めるように締まる雌孔から指を抜く。
とぷ、と新たな蜜が零れて小龍を誘った。

まだ男を知らないのに、「おく」に欲しいという感覚があるのが不思議だ。
指ではわからなかったが、怒張を埋めればもう子宮が近くまで降りて迎えにきてくれている予感がする。]


ひぁぁっ……!!!


[柔らかい膣肉は
ぴったりと熱棒全体を包み込み
緩やかに収縮を繰り返している。

ゆるりと円を描く様に腰を動かされれば
ぞくぞくっと背筋に痺れが走り
弾かれたように腰を跳ねさせた。
きゅんっ、と思わず中を締めつけてしまう。]

あ、ぅぅ、ちょ、ちょっと、
んぁぁ、じゃや、……っ こ、これ、ぁぁぁっ

[自分も、はじめては酷く痛いのだと聞いていた。
曰く股が裂かれるようだとか、
思わず叫んでしまうとか、なんとか。

だから相応に覚悟をして、
それでも受け入れようと決めていた、のに―――
何だか思っていたのと違う。
自分はどこかおかしいのだろうか―――
困惑と興奮に潤んだ瞳が彼を見上げる。]


あ、ぁぁっ!はぁぁぁん!
だめぇ おくっ おくぐりぐりっ、あぁあぁん♡
ま、まってぇ、うごいちゃ、だめぇぇ…!


[子宮口にぐっぽりと嵌った先端が
緩やかに奥深くを刺激する。
同時に秘豆を捏ねられれば
熱が結合部から全身に広がって甘く嬌声をあげた。

鈍痛と圧迫感と、
奥から引きずり出されるような未知の快感に
どうしようもなくくらくらする。

ぎゅうっと背中に爪を立てて縋りつき
蕩けた膣肉をきゅんきゅん締め付け
堪らないと言わんばかりに
ぶんぶんと尾を左右に振っていた。*]

[宥めるような声にうんうんと何度も頷いて。
縋るものを探すように両手が伸びた。
一瞬空を掻いたその手は、シャオロンの肩口に落ちて、きゅ、と衣を掴む。
教えられるままにキスの合間にはふ、と息を紡ぐ。
力仕事で鍛えられた節のある指が、柔壁を抉るのに堪らずに啼いた。]


 ……は、ぁうっ……、
 ん、……ゆびっ、……きゅうって……
 ……しちゃ、う……ッ……


[シャオロンが指を蠢かす度に内壁が吸い付く。
入り口を開くように指が開けば、狭さを訴えていた孔が収縮を繰り返しながら、くぱ、と開いた。
溢れ出る蜜が指に絡みついて、とろりと入り口を汚す。

身体に訪れた変化はレイ自身よりもシャオロンのほうが気づくのが早いだろう。
キスに蕩けて甘い顔を見せるレイの、女の膣は狭いながらもひくついて、シャオロンを求めている。]

[シャオロンが限界を訴えると共に唇が離れた。
息を弾ませながら、シャオロンの声に頷いてきゅっと目を閉じた。

指を受け入れていた蜜口は淫靡に濡れ、ひく、と呼吸をするように蠢いて男を誘う。
纏っていた下衣の隙間から、見えた怒張は今まで入っていた指とは比べ物にならないくらい大きく見えて、こくりと息を呑んだ。

ゆっくりと硬いものが入り口を割り開き、奥に進む。]


 ……ぅ、ンンッ……いっ……、
 ぁっ、ぁ……、う、うぅーッ……


[指とは違う圧迫感。
懸命に息を吐きだして苦しげな声を漏らす。
ピリと引き裂かれるような感覚が走ったかと思えば、ぐっと太いものが身体の奥に深く入り込んだ。]

 
 ……ぁ、んッ……はっ……
 あっ、らめっ……うごいたらっ、
 ぎゅうって、なる、のっ……あ、ぁッ……ん


[ゆっくりと緩急をつけて動き出すシャオロンに縋るようにして腕を伸ばした。
狭い蜜壺を雄芯で押し上げられ、ずん、と奥まった場所を突付かれて甘い声が上がる。
毛羽立った尻尾がピンと伸びたり、丸まったりを繰り返してばたついた。*]

 ああ、ああ……まんゆぅのおまんこは、すごいな。


[瞳に宿る色合いは困惑の色だろうか。
だがそれよりも熱に浮かされ始めた色の方が強く見え始めている気がする]


 ダメ?
 ……本当に?


[マンユゥの媚肉は子宮口を突いてやればその分応えてくれる。
愛蜜と香油が混ざり合い重厚な粘り気の強い水音がし始め、媚肉はジャヤートの雄を愛おしいとばかりに締め付け続けてくれる。
口ではダメと言うがどうにも好んでいそうである。

 背筋に走る痛みもまた快楽のフレーバーであり言葉に偽りがるとばかりに嬉しそうに振られる尻尾にジャヤートは腰を僅かに引いた]


 ぐりぐりがいけないんだな、わかったぞ。


[引いた分だけ蜜洞には空白が生まれる。
生まれたそこには愛蜜が溜まり媚肉が物寂しそうに閉じて引いた猛りの先端に追いつくまで締め付けてくる。
ぐりぐりがダメなら押してみよう。
一物を再び押し込むとコツと子宮口をノックする]

[その動きは最初は僅かな小さなものだ。
だが、快楽を求めていけばそれは自然に大きな動きになってしまう。
痛みを訴えられなければ、ではあるが。
浴室の中に響く水音は酷く卑猥でいやらしい。

 唇を重ね合わせると蕩けた瞳を見つめ]


 マンユゥが、オレを好きなのがすごいわかるぞ。


[そう囁き涼風のように笑みを浮かべた**]

あぅぅぅ、
らめ、っ、ほんと、にぃっ…!
そ、それ、されるとっ、にゃぁぁっ♡

[性感を捏ねるのを止めたかと思えば
とんとん、と先端で小突かれて
愛肉が追いすがる様に蠢いた。

少し腰を引かれれば
埋めるものがなくなった膣道が
切なく疼きを覚え、
再びずりゅ、とそこを擦られれば
全身に堪らない幸福感が満ちていく。]

あああっ ふぁっぁあっ!
そ、それっ赤ちゃんできるとこっ♡
とんとんって、やぁぁ!
おくう、じんじんしてぇっ はあっ♡

[子宮口を何度もノックされればされるほど
柔らかな媚肉がだらだらと涎を垂らし
きゅうきゅうと夢中になってしゃぶりつく。]

[グラインドが大胆になるにしたがって、
尾ごと腰を振る動きが大きくなる。
はしたないと思いつつ止めることが出来ない。
いつしか両足も彼の背に絡め、
全身で彼の熱を求めていた。

ぐっちゅぐっちゅと淫猥な音が鳴り響く。
結合部から僅かに赤が混じった愛液が溢れ
ゼリー状の湯の上に垂れていった。

その間にも見つめ合い、唇が重なる。
ああ、そうなんだ。愛されて、幸せで。
これが好きってことなんだ。
愛欲でどろどろに融けた脳に、彼の言葉が沁みていく。]

すき、……… うん、うんっ、
じゃやぁ…とぉ、すきぃっ♡
すき、だよぉ♡ もっとぉ、ちょうだい……っ♡♡

[確かめるように何度も口にして、
自分から舌を出し、またキスを強請った。**]

[服を脱がずに彼女に触れていたのは、どうしようもなく昂った自身の太さを彼女が目の当たりにして嫌がらないかと懸念したからだった。

経験のない彼女は、いくら兄がいるとはいえ、こういう状態の男性を見ることはなかっただろうから、あまりの醜悪な肉色を汚いと思うかもしれないし、その大きさが自分の普段拡がったところを見ることもないような小さな孔に入ると思えずに怖がるかもしれない。

だから、ギリギリまで下衣で隠していたし、挿入時も手を添えて全体が視界に入らないように気をつけた。

だが、一度繋がってしまえば、そんな配慮など関係なく、圧倒的な熱量が彼女を苛む。
予め言い置いたからか、呼吸は止めていないようだが、どうしても苦しそうな声が漏れていた。

小龍の方も鼻だけでは呼吸しきれず口を開けて荒く息をする。
そんなに締めたら壊死してしまうのではないかと少し不安になった。
今まで抱いた女の膣がいかに緩んでいたかわかる。]



 声、甘くなってる、
 その「ぎゅう」は、「きもちいい」ってことだろ?
 なら、やめ、ない……っ


[散々濡らしたとはいえこうもきつく締められては激しくは動けない。
けれど、一気に奥まで挿入した甲斐あって、ぐっと腰を突き出せば先端が粘膜に当たるのがわかる。]


 レイの、「あかちゃんの部屋」が、子胤欲しいって、吸い付いてきてる。
 ぎゅうってなってる中に、たっぷり飲ませてやるからな……っ?


[は、は、と有声音に近い吐息を漏らしながら、最奥を犯す。
その場所を示すように、下腹を掌で押した。
薄い腹の肉越しに、堅い先端の感触。

摩りながら、律動は段々大胆に速くなっていく。*]

 




情報 プロローグ 1日目 2日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


←↓■□フィルタ

注目:シオン 解除する

生存者 (8)

シャオロン
5回 残----pt

レイの隣

レイ
8回 残----pt

シャオの隣

ジャヤート
2回 残----pt

いちゃこら

ユンチェ
0回 残----pt

おふ

マンユゥ
3回 残----pt

いちゃいちゃ

シオン
4回 残----pt

 

シャーレン
0回 残----pt

貴方に幸せを

  
0回 残----pt

愛してる

犠牲者 (1)

とある書物(2d)
0回 残----pt

 

処刑者 (1)

ルーパイ(3d)
0回 残----pt

 

突然死者 (0)

舞台 (0)

発言種別

通常発言
独り言
内緒話
囁き系
死者のうめき
舞台
置き手紙

一括操作




発言種別注目






















(0.08 CPUs)
運営 moonpupa
人狼物語 by あず/asbntby
人狼議事 by ななころび
トップバナー画像 by naomyplum
人狼物語画像 by Momoko Takatori
Schwarzwald(黒い森) by hagios
トロイカ TYPE:А / 哀愁のタタロチカ by かえるぴょこぴょこ/あさくら
ようちえんせんき かりんか / ハロリンカ / 凍れる水車 by かえるぴょこぴょこ/あさくら
霧雨降る街 / 少し大きな霧雨降る街 / 蒸気満ちる宴 by きりのれいん
メトロポリス / バビロン / ギルガメッシュ by すむろ水
ひなだん by hinaki
壱番街 / 壱番高校 by 壱猫[onecat]
外道大戦 by mtmt
都道府県キャラセット by kairi(企画代表)
繋<つなたま>魂 / 班帝家の一族 / H)SOCIUS(A by めいあ
もふぁんたじぃ / もふぉれすと by ほのゆる
Cathedral / 学園Cathedral / Grand Cathedral / 学園Grand Cathedral by Izuya
夜月町 by 夜月けい
南区 / 古今東西 by 南
IRO-COLORE(いろころる) by Izuya, 南
お茶会 / 演奏会 / 花見会 by ゆひろ
GNL / GNL+ by guiter-man
ジランドール / イルミネーション by may-co
シキメグリ by afinter
-汝人狼也-人物画 by 878, かんこ
closure / closure' by 閉
Emoricu, Cumorie by milk_sugar
ワンダーズ言戯団 by pike
宝石箱《Jewel Box》 by 宝石箱制作委員会
文明開化 by sin
カティサーク by apricot with y_hyuga
月狼学園 / 人狼署 / 狼達の軍歌 by apricot
花一匁 / 桃酔郷 by さね
po!son / Girl's Talk by pure_g
madparty by シロクマ
rhizome by CH3COOH
曲芸会 / 曲芸会Hello! by otokasa
AtoZ by 築
瑞洋館 by ういろ
LastSunday / HeaVen by 志摩
かくりよ by plmi
桃色concerto by 桃昆布
狼兎 by クロマ
人狼ヶ谷学園の放課後 by 竜山明日佳
bAroQue / tradimento by souya
Bokuyume. by 卜部
FGOキャラセット by 有志一同
魔法少女は眠らない by 魔法少女チップ企画
Liberte by みぃな
噛志野医院 by manamiz
メギド人狼 by メギドチップ企画
absolventi by ぶんちゃん
歳時抄 by 小由流
文アルセット by 文アルセット企画
荘園パック by ARC(企画代表)
Friends by 真知
城下町の酒場 / 大神学園 by じっぷ
エッグ by 朧恩
ぐれすけ・ぷらす by 純
ニューホライズン by youden
バーバチカ / プトロレ by たべ
ユメツナギ by 天瀬春日
StarGazer by CONBE
御常紀学園 by HS_29
オハナシノクニ by オハナシノクニ制作委員会
Fragment of Jewels by 粉海月
花園女学院 / 他種族孤児院 by はこみ
xxxx組 by サイコ瓦
おりふし学園 by めんるい
Fairytale Syndrome by hTuT
お野菜キャラセット画像 by 無料素材倶楽部
Siuil a Run by 匈歌ハトリ
紫煙をくゆらせ by 空砂
RocketPencil by 山本羅刹
エトリエ / エトリエ・戦国 by とり
ボワボンボン by あとらそふと
古の迷宮 by とり夫
JEX Online by katarazu
煌夜の決闘 by ジュエルセイバーFREE
こだわりアイコン by fatcow
トランプ画像 by しろま空間
リンソン by moonpupa