15:34:29

人狼物語 三日月国


112 【R18】アルステラのもとに婚姻を

情報 プロローグ 1日目 2日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


[ぶわっと頭の中が真っ白になり、
きゅーーーっと強く膣肉が締まる。

どぷりと熱いものが
勢いよく子宮に注ぎ込まれるのを感じ
強く抱きついたまま背をそらし、
ぶるぶると全身を震わせた。]

……はぁ、 ……はあぁ、
 はぁ、………はぁ……っ♡

[解放されればぐったりと力が抜ける。
蕩けた虚ろな目で彼の方を眺め、
ひくひくと花弁を痙攣させる。

ぽってりと充血した唇は涎を垂らし、
だらしなく半開きになっていた。**]

[ジャヤートは熱く深い吐息を漏らす。
ため息とは異なる気が満ち足りた際に漏れだすそれは魔力を伴い蒼い煌きを漂わせる。
それはすぐに消えてしまうものの充足感は疑いようもない。]


 これが、情事……男女交われば魔力も満ちる、か。


[マンユウの身体を解放したのは自然の生理現象だった。
精を出し切った一物は屹立ではなくなり萎んだそれはずるりと蜜洞から抜け落ちる。
マンユゥも大層心地好かったのか身体を痙攣させていた。
恐らくは達したのだろうと伝わるそれは共に充足感の素であるが――]

 …………ぐ。


[身体を起こすと力が抜けたマンユゥの四肢は湯のベッドの上へと投げ出されていた。
虚ろな瞳は蕩けており、視線だけでもジャヤートを誘う。
ひくひくとしている花弁は奥から白濁を溢し始め、それはつつと湯の中へと落ち固まり流れていく。
半開きとなった唇は熟れた白桃のようで、全身汗が浮き出て朱に染まった肌もまた実に妖艶なるもの。

 それを目にして奮い立たぬ一物があるだろうか。
いや、世界が如何ほどに広くともそれは最早枯れているのだろう。

 虚ろな眼にジャヤートの一物が再び屹立と化していく様は写ったろうか。
ジャヤートは浴槽に脚を入れると本人は湯の中へと脚を沈める。
浮かんでいるのはマンユゥの身体のみであり、その身体を自分の方へと向けさせると身を乗り出した]

 マンユゥ――。


[浮いている顎に指で触れ、くい、と自分の方へ向かせると半開きとなっている唇に口づける。
垂れながされている涎を啜り取りながら、誘っているようにしか見えない花弁の蜜口へと屹立を宛がった]


 もっと、好きだって伝えるぞ。
 もっと、愛してるって言わせたい。


[腰を押し出し、屹立を、達したばかりの媚肉の群れへと突き入れる。
強い締め付けの中を押し入った屹立の先端はジャヤートが出した精濁を子宮口に押し込むようにそこへと触れる]

[マンユゥの背へと手を回すと身体を少しばかり抱き起こし、自分は膝を折って浴槽の下へと腰を落としてから水上浮遊の魔法を解いた。
魔法を解けばマンユゥの身体は湯の中へ沈み込む。
ジャヤートは自分の膝を跨ぐように調整しながら対面座位の姿勢で浴槽の底へと腰を下ろした。

 繋がったままの混浴とは何とも心地好いものだ。
湯とは異なる温もりに包まれたままに、ジャヤートはマンユゥが反応してくれるかどうか待った*]

[子どもは2人以上がいいとシャーレンも思っている。
なにせ、兄3人と自分の4人兄妹として育ってきたので。
子ども1人では出来ない事も、兄弟がいれば出来ることだってあるし、助け合うことも出来る。
家庭は小さな社会とは言い当て妙で、兄弟がいる事によって得るものも多いだろう。
授かりものであるので、こればかりは希望であるが。

いつか彼に伝えたいと思う。
その時は、きっときちんと話を聞いてくれるだろう。
母親になったら、襲われないかと心配をされるかもなんて考えもしない。


家の話をするとその人の背景が見えてくる。
確かに喧嘩の原因になる可能性だってある。
ただ、シャーレンはそんな家庭背景を受け止めた上で彼を知りたいのだ。
とはいっても、この話はまだまだ先になるだろう]

ふふ、きっとたくさん惚れ直しちゃうわ。

[シャーレンは末っ子だが長女でもあるので、褒めてもらう事も褒める事も得意だった。
彼には妹がいると先程聞いたし、出逢った時にお兄ちゃんぽいと思っていた。
彼のいいところはたくさん知っているし、これからも知っていくだろう。
だからこそ、たくさん褒めてあげたい。
彼が一番上なら褒められ慣れていないかもしれないが、シャーレンは一番上こそきちんと褒めるべきという考えなので。
彼の家族とも会いたいが、それはここでの生活が落ち着いてから]

そう、かなぁ…。
だいじょうぶ、だから…愛して?

[声と身体を褒めてもらえたのは嬉しい。
シャーレンは自分の容姿と身体に自信はあるが、声はわからない。
他人にとってどうであれ、彼がいいと言ってくれるのだから"いい"のだと思うことにした。

唇と唇が離れ、膝を立てた体勢になる。
秘裂を広げられ、秘芽を指の腹で撫でられるとビクッと身体を震わせた。
今まで自分で愛撫をしたこともないそれを舌先で愛撫され、秘所の中に指を抜き差しされて。
暫くは異物感やむず痒さを感じていたが、少しづつ熱い吐息とともに小さな嬌声が聞こえ始める。
するりと服を脱がされ、彼はまだ何も脱いでいないのに気付いて拗ねたように唇を尖らせたか*]

[互いの魔力が満ちていくのを感じる。

言葉も出ないまま頬を真っ赤に染め
荒く息を整えていれば柔くなった男性器が
ずるりと引き抜かれる感触がした。
注がれた精が中からどろりと溢れる心地に
ぶるりと小さく身を震わせた。]


……は、ぁぁ……っ♡


[―――と、果てたはずのそれが
目の前でまたむくむくと
勃ち上がっていくのが見えた。

それに何かを反応する前に
彼が何か魔法を使う素振りを見せ
そっと濡れた唇を重ねられた。]



 「初めて」を、俺が貰えて良かった。


[彼女の中に、「ロン」にあげたかった後悔が湧きませんように。
幸せそうに笑う奥さんの大切な瞬間を――勿論これから貰う何度目だって、大事にしたい。

小龍の初めてはすごくどうでも良い形で失ってしまったが、経験を積んだからこそ、今彼女を最初から気持ち良くできたと思えば、後悔をしてはいけないのだろう。
初めてをあげられなかった代わりに、「いちばん」と「さいご」は彼女に捧げよう。
宣言するまでもなく、彼女がそれを信じて疑わないまま一緒に年を重ねていければ良い。]

[まだ胤が彼女の卵と出会えるかはわからない。
だが腹を一緒に撫でていると、本当にそこに今迎えることができたかのように思えて、鼻の奥がツンとした。
泣くのは生まれてからだ。気が早い。]


 男なら、名前は決めてあるんだ。
 ランって。

 今回の婚姻で、おさのところにあった、出生の記録ってのを見たんだけど、
 どうやら俺は生まれた時に両親に小狼シャオランってつけられてたみたいなんだよ。
 生まれてすぐ両親は魔物に殺されて、俺だけ生き残ったんだけど、産婆だか医者だかが「シャオロン」て聞き間違えたらしくて、ずっとそう呼ばれてきたっていう。
 今更22年も経って別の名前になるのもなってことで、今回正式に「小龍」として、そっちの村にも知らせたんだけど……

 呼ばれなかった代わりに呼びたいなって思って。


[両親の顔も声も覚えていない。
だが、そこに残った想いは継ぎたいのだと。
家族を知らない男が、家族をよく知る女に恋をして作った家族で、たくさん互いを呼びあいたい。
彼女の方も自分に新しい家族を見せたいと思ってくれていることは察していないが。]


 女の子なら、レイに似た可愛い子が良いな。
 おんなじ菫色の髪で。


[彼女の髪は敷布に良く映える。
ひと房掬ってくちづけた。]

[少し芯を取り戻したものを抜くのだから、彼女の内壁を意図せずとも擦ってしまう。
零れた声にまたはしゃいだ自身が勢いよく淫裂を擦り上げて、彼女の胎内から零れた白を夜着に散らした。

恥ずかしいのは此方も同じ。
少しだけ二人ともそのままもじもじと無言で過ごしてから、先に寝台を降りる。

怪力で良かった。
男としてもう少し体格が良い方が見栄えは良いだろうが、彼女をふわりと横抱きにすることに何の苦も感じない。
彼女自身も快適に風呂場まで運ばれてくれるだろう。*]

う、ん......、すき、......
ちゅ、ふ……っ

[再び硬くなった屹立を宛がわれ
ひくんと花弁が震えた。
そのままずぶずぶと中に押し入られて
ぞくぞくと走る快感に甲高い嬌声をあげる。]

あああああっ……!?!?

だ、だめぇぇ♡んんんっ♡
さ、さっき、いったばっかり、なのにぃぃっ♡♡
おまんこ、ずぶずぶっ、はぅぅぅっ♡

[達したばかりで敏感な中を抉られては堪らない。
しがみつく腕に力を込め、だめ、と口にするものの
緩やかに吸い付く膣肉は悦んで彼を歓迎していた。]


ああっ......お、おくまで、またぁぁ......っ♡♡
んんん、ふうぅぅう......


[彼が魔法を解き、
抱き合った体勢で湯の中に沈み込む。
体重がかかればその分最奥を押し潰される形になり、
湯の中でもじもじと円を描くように
小さく尻を動かしていた。**]

 可愛らしい好い声だ。
 オレの嫁はオレを乗せてくれるのが本当に上手いな。


[湯の中で尻を動かしてくれれば屹立化した一物が心地好さしか覚えない。
最初は僅かに抵抗を覚えていた中の具合も清濁と愛蜜によって蕩け切りただただ媚肉による締め付けを味わえていた]


 まんゆぅはおまんこ好き、だな。
 オレも好きだぞ。
 好きなのはまんゆぅの全てだが。


[抱き合った姿勢で浴槽の中だ。
動ける範囲も限られているのだから尻が動かせる範囲も狭いのだろう。

 ジャヤートはマンユゥの尻肉を掴むと身体を浮かせる。
身体が浮いた分屹立は抜け、浮かせる力を抜けば再びずぶずぶと身体は沈みこみ最奥を押し上げる。
湯舟の水面に波が起る。
溢れ出た湯は浴槽から流れ落ちていく。
その中に花弁から零れた清濁が固まったものも流れていくのを横目に、ジャヤートの視線は――]

 マンユゥの胸は、浮くのだな。
 すごいな……圧巻だ。


[身体を僅か離せば女体と湯の神秘を垣間見る。
湯に沈むかどうかという位置に乳首を浮かせると魚が啄むように指先で摘まみながらジャヤート号はマンユゥを乗せて緩やかに快楽を得ていた*]

[貰えて良かったと彼が言う。
ほら、やっぱり彼なら大事にしてくれる。

ぽ、と暖かくなった心。
擽ったさにはにかみながら、ちゅ、と鼻先にくちづけた。

シャオロンがじゃなかったらきっと怯えていた。
心と身体を優しく解きほぐされて、受け入れることを覚えて。
彼を、シャオロンを欲しいと思った。
そのことに後悔は微塵もない。]

 
 ラン……?


[それは、孤高の生き物として名高い獣の名前。

語りだす彼の声に静かに耳を傾ける。
だとしたら、今の名前は彼の仮の名前だったのだろう。
だが、たとえ仮だとしても、生きてきた彼の名前には意味がある。

手を伸ばして彼の指先に触れる。
きゅっと握り込んで、温度を伝えながら。]


 シャオが小龍シャオロンって呼ばれることには、
 きっと意味があったんだよ。

 シャオロンが、孤独ひとりにならないように、
 龍のように大きく育つように。

 お父様たちの望む名前とは変わってしまったけれど、
 名前が違ったことで「ロン」とも勘違いした、
 レイと出会えたみたいに。
 

 
 ランが生まれてくるなら、
 二人で守ってあげようね。
 
 小龍シャオロンみたいに優しくて、
 一人で生きるためじゃなくて、
 一人でも多く、村の人を助けてあげられるような子。

 わたしたちの間に生まれて良かったって思えるように、
 お父様たちの代わりに、
 いっぱい名前を呼んであげようね。


[きゅっとシャオロンの手を握りしめる。
もう、彼を絶対に独りにはしない。] 

[女の子なら、という声には笑って。]


 ふふっ、気が早いよぉ。


[だが、兄妹は作ってあげたいと思う。
両親だけではなく、苦楽を分かち合う兄妹がいれば、
きっと寂しい思いはしなくて済むから。]

[下ろしたばかりの夜着は汚れてしまった。
また新しいものを出さなければいけないだろう。
気分もいくらか落ち着いたのか、
飛び出していた耳も尻尾も、いつの間にか仕舞われていた。

しばらく言葉もなく赤らんだ頬を隠すように俯いていれば、シャオロンが寝台から降りる音がする。
顔を上げれば、ふわっと身体が浮いた。]


 ひゃ、……


[絵本で見たようなお姫様抱っこ。
それは、昔に憧れていた「おうじさま」がお姫様にしていたものと同じ。
落ちないように首筋に腕を回して、間近にあるシャオロンの顔を見上げる。]


 ……わたしの「おうじさま」は、
 シャオロンだったんだね。


[運ばれる間、ゆらゆらと身体を揺らしながら。
彼に向かって小さく呟いて、笑った。*]



[ 彼女と楽しくこれからも、ずっと、
  家族の話が出来るとわかる時が
  もうすぐそこまで来ている。
  コンは、そう思って、いない。
  まだ、目の前の彼女が夢ではないかと
  コンの中で現実を受け入れられていない部分が
  少なからずまだあるからなのかもしれない。

  父親がよく言っていたことを思い出す。
 「母さんは母さんになって更に綺麗になった」
  そういうことがあるのかと不思議に思っていた。
  だから、コンは彼女もそうなると信じてやまない。
  元が綺麗でいるのに、更に綺麗になったら
  大人の色香というものになってしまいかねない。
  故に、心配をしてしまうような気がする。    ]








[ まだ初夜だと言うのに、
  募る思いというのは先走る。
  もし、育った家庭の話を切り出されたら
  コンとて嫌な顔はしないけれど、
  頭の中は偏見を持つな、と言い続けて
  もしかしたら話を半分くらいしか
  聞くことができていないかもしれないので
  そうなったのなら、怒らないでほしいと
  その顔の内側で願うことだろう。     ]








   ……惚れ直してくれるのか?
   これではいつまでも一目惚れが止まらないな。


[ 彼女の家の中での立ち位置は褒められる側。
  けれども、マンユゥという存在は
  彼女を褒める側にも立たせていた。
  そこまでコンは分からないけれど、
  包容力がある人だな、と
  出会って暫くしてからどこかで思っていた。
  多分、彼女にとっても悪くない表情で
  彼女からの褒め言葉を噛み締めるようになる。 ]








   俺の身体に響き渡る、いい声だ。

   ………そんな顔をして、どうした?
   脱がせたいなら、脱がせて。

   そのかわり、脱がせたらもう…
 






[ 彼女の嬌声を楽しみながら、
  ちらりと彼女の様子を見やれば
  口元が尖っているように見えて顔を上げてみたコンは、
  指を抜いて、それに絡み付いた愛液を舐めてみた。
  甘くて甘くて、これだけで酔いそうになり
  彼女の視線が服に動いていたなら
  彼女の手を使って装束を脱いであげる。

  止まらないというのはそのままの意味で
  コンが彼女と同じ状態になったなら、
  抑えていた熱が彼女にぴたりとくっついて
  一線を超える寸前か、先端が入り込むだろう。 ]*





ち、ちがう、もん、っ♡ああんっ♡
これは、すぐ、いれるからぁっ、あぁあっ......!

[恥ずかしがって否定したところで
性感を擦られれば簡単に喘ぎへと変わる。

快楽を知った女の場所は
すっかり彼のものが気に入ったらしく
きゅん、きゅん、と緩やかに締め付けながら
固くて太い熱を味わっていた。]

ん、わたしも、じゃやーと、すきぃ......っ♡♡
あぅぅぅ♡おまんこきゅんきゅんしてぇ♡
おしり、うごいちゃうっ♡
はずかし、よおぉ......っ♡♡

[ぐりぐりと擦り付けるように動く尻は
先程の彼の動きを模倣しているようだ。
動きが制限されているなりに腰を揺らめかせていたが、おもむろに尻肉を掴まれ。]

ん゛っ ♡♡♡

[ずっ、と上下に動かされれば最奥を叩く衝撃が走る。
たわわな乳房が
たぷんたぷんと湯の中で大きく動く。]

ふああっ♡ちくびっ♡♡
あぁぁあんっ♡ずんずんされながらぁっ
いっしょにっ、さわるのっ♡ふぁぁぁ♡

[勃ちっぱなしの乳首を摘ままれ
それと連動して中が蠢き、
緩やかな交わりあいに感じ入りながら
尾がぱちゃぱちゃと揺れ、
風呂に波を作っていた。*]

 




情報 プロローグ 1日目 2日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


←↓■□フィルタ

注目:シオン 解除する

生存者 (8)

シャオロン
5回 残----pt

レイの隣

レイ
8回 残----pt

シャオの隣

ジャヤート
2回 残----pt

いちゃこら

ユンチェ
0回 残----pt

おふ

マンユゥ
3回 残----pt

いちゃいちゃ

シオン
4回 残----pt

 

シャーレン
0回 残----pt

貴方に幸せを

  
0回 残----pt

愛してる

犠牲者 (1)

とある書物(2d)
0回 残----pt

 

処刑者 (1)

ルーパイ(3d)
0回 残----pt

 

突然死者 (0)

舞台 (0)

発言種別

通常発言
独り言
内緒話
囁き系
死者のうめき
舞台
置き手紙

一括操作




発言種別注目






















(0.09 CPUs)
運営 moonpupa
人狼物語 by あず/asbntby
人狼議事 by ななころび
トップバナー画像 by naomyplum
人狼物語画像 by Momoko Takatori
Schwarzwald(黒い森) by hagios
トロイカ TYPE:А / 哀愁のタタロチカ by かえるぴょこぴょこ/あさくら
ようちえんせんき かりんか / ハロリンカ / 凍れる水車 by かえるぴょこぴょこ/あさくら
霧雨降る街 / 少し大きな霧雨降る街 / 蒸気満ちる宴 by きりのれいん
メトロポリス / バビロン / ギルガメッシュ by すむろ水
ひなだん by hinaki
壱番街 / 壱番高校 by 壱猫[onecat]
外道大戦 by mtmt
都道府県キャラセット by kairi(企画代表)
繋<つなたま>魂 / 班帝家の一族 / H)SOCIUS(A by めいあ
もふぁんたじぃ / もふぉれすと by ほのゆる
Cathedral / 学園Cathedral / Grand Cathedral / 学園Grand Cathedral by Izuya
夜月町 by 夜月けい
南区 / 古今東西 by 南
IRO-COLORE(いろころる) by Izuya, 南
お茶会 / 演奏会 / 花見会 by ゆひろ
GNL / GNL+ by guiter-man
ジランドール / イルミネーション by may-co
シキメグリ by afinter
-汝人狼也-人物画 by 878, かんこ
closure / closure' by 閉
Emoricu, Cumorie by milk_sugar
ワンダーズ言戯団 by pike
宝石箱《Jewel Box》 by 宝石箱制作委員会
文明開化 by sin
カティサーク by apricot with y_hyuga
月狼学園 / 人狼署 / 狼達の軍歌 by apricot
花一匁 / 桃酔郷 by さね
po!son / Girl's Talk by pure_g
madparty by シロクマ
rhizome by CH3COOH
曲芸会 / 曲芸会Hello! by otokasa
AtoZ by 築
瑞洋館 by ういろ
LastSunday / HeaVen by 志摩
かくりよ by plmi
桃色concerto by 桃昆布
狼兎 by クロマ
人狼ヶ谷学園の放課後 by 竜山明日佳
bAroQue / tradimento by souya
Bokuyume. by 卜部
FGOキャラセット by 有志一同
魔法少女は眠らない by 魔法少女チップ企画
Liberte by みぃな
噛志野医院 by manamiz
メギド人狼 by メギドチップ企画
absolventi by ぶんちゃん
歳時抄 by 小由流
文アルセット by 文アルセット企画
荘園パック by ARC(企画代表)
Friends by 真知
城下町の酒場 / 大神学園 by じっぷ
エッグ by 朧恩
ぐれすけ・ぷらす by 純
ニューホライズン by youden
バーバチカ / プトロレ by たべ
ユメツナギ by 天瀬春日
StarGazer by CONBE
御常紀学園 by HS_29
オハナシノクニ by オハナシノクニ制作委員会
Fragment of Jewels by 粉海月
花園女学院 / 他種族孤児院 by はこみ
xxxx組 by サイコ瓦
おりふし学園 by めんるい
Fairytale Syndrome by hTuT
お野菜キャラセット画像 by 無料素材倶楽部
Siuil a Run by 匈歌ハトリ
紫煙をくゆらせ by 空砂
RocketPencil by 山本羅刹
エトリエ / エトリエ・戦国 by とり
ボワボンボン by あとらそふと
古の迷宮 by とり夫
JEX Online by katarazu
煌夜の決闘 by ジュエルセイバーFREE
こだわりアイコン by fatcow
トランプ画像 by しろま空間
リンソン by moonpupa