16:22:54

人狼物語 三日月国


112 【R18】アルステラのもとに婚姻を

情報 プロローグ 1日目 2日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:



 うん。
 生まれてくる子は、新しい村の未来を担うし、俺たちの故郷の架け橋になってくれるんだ。
 愛情をきちんと受け取って与える子に育つよう、二人で頑張ろうな。


[男の子でも、女の子でも。
勿論、一人よりも多く授かっても。

兄妹のいない小龍にはまだその発想はない。
レイにまた教えられることになるだろう。
「兄妹の絆」というやつを。]

[追い打ちのように告げられた告白に、下肢はツキツキと疼き始めている。
いますぐどうこうしたくなる切羽詰まった感覚はないから、まずは汚してしまった夜着がカピカピにならない内に風呂に行くことにした。
それが目的だった訳ではないが、二人で入るのには十分な広さを誇る風呂場だ。
魔道具のおかげで、追い炊きもそう時間がかからずに出来るだろう。

抱き上げた瞬間は浮遊感に驚いた声を出したレイだったが、すぐに首筋に腕が回される。
その位置を選んだのは本能か、それともそういう作法だという知識があったのか。]


 ……?
 じゃあ、起こす時にはキスしようか。


[小龍が知っている「おうじさま」は、さっきレイに聞いた「お姫様をくちづけで目覚めさせる」というものだったので。]


 あとはー、馬を飼うなら白なんだっけ?


[冗談とも本気ともつかない言い方で「おうじさま」の特徴を確認しながら移動した。]

[風呂場に着くと、彼女をそっと下ろす。
一緒に来た以上、ここで自分だけ待っているのは不自然だろう。
かといって、一緒に入るなら、つまりは。]


 ……脱がせて良い?


[裸を見せて、見られる必要があるということで。
寝室よりも明るい浴室で、理性のある状態でそうすることに彼女は抵抗があるだろうか。

先に自分が脱衣してから、彼女の夜着に手を掛けた。*]

[二人で未来の話が出来る。
それが本当の家族になれたようで嬉しい。]


 うんっ、いいお母さんになれるように頑張るねっ。


[はしゃぐように頷いて、頬を擦り寄せる。
これからは未来の話を彼とたくさんしていこう。]

[二人でお風呂場に向かう。
細身に見えてもやはり力はあるのだろう。
人一人難なく運ぶ姿につい見惚れてしまう。

泉で話していたことを覚えていたのだろう。
彼が言い出したおうじさまの作法に。]


 ふぇっ……!?

 あ、……その、
 ……してくれたら、うれしい、


[ぽ、と頬を染めながらも素直に伝える。
白馬の話も覚えていてくれたようだ。
無愛想な彼が穏やかな白馬と並んでる姿を想像して、
くすくすと笑い声が漏れる。]


 白いお馬もいいけど、
 お馬が居なくても、
 シャオロンは立派な「おうじさま」だよ。


[それもレイにとっては、とびきり特別な。]


[お風呂場に通されたなら、地に足をつける。
自身の蜜と彼の出した胤で汚れた夜着は、少しずつ乾き始めいた。
彼を受け入れた蜜壺は、まだ微かに彼の感覚が残っている。

シャオロンが立ち止まったままだから、もじもじと裾を握り締めていれば、脱がせていいかという声が届いて。]

 
 ……う、うん……


[裸よりもっといやらしい箇所を見られた後なのに、改めて問われると恥ずかしい。
少し躊躇っていれば、彼が先に衣服を脱いで引き締まった身体が顕になる。
ますます恥ずかしくなりながらも、彼の手が夜着にかかれば手伝うように両腕を上げた。

一枚だけの夜着はするりと脱げて、胸元を隠していた心衣が残る。
心衣は首筋の紐を解けば、簡単に外せるようになっている。
結び目を解けば、ふくよかな胸とあられもない肌が彼の目の前に晒された。*]

 一緒に触ると、な。
 まんゆぅのおまんこがオレのをぎゅうと。
 締め付けてくれるのだぞ。


[乳首を摘まむと蠢いてくれる媚肉の群れ。
波を立てながら乳首の摘まみ方を変えていく。
時折指で弾いてみては揺れる色づきに目を奪われ。
片方の重みの下に掌をおき浮遊するそれを持ち上げる。
乳首を上に向かせるとジャヤートはマンユゥの目の前でそれに吸い付いた。
音を立てながら吸い立て、甘く歯で噛んでは媚肉の動きを味わって]

 そう言えば尻尾も好きだったな。
 まんゆぅの好きなことがいっぱい知れて。
 オレは至極嬉しいぞ。

 ほら、倒れぬように首に手を回してくれ。


[マンユゥに首か肩に手を置いて支えてもらう。
脚を調整しているし湯の中なので浮力で落ちはしないだろうが不安定感はある中で、背から離した手を尻の方へと戻した。
手に触れる揺れていた尻尾の感触に目を細めると緩やかに魔力を流し込む。

 激しくはない。
腰も、魔力の本流も。
どちらも緩やかだが確実に快楽を貪るために登りゆくものだ]

 たくさん可愛い声で囀ってくれているからな。
 喉が渇いたろう?


[口実などなくとも唇も舌も常にマンユゥを求めている。
だから今回は真に口実のために交わすもので。
飲みやすい温度の水を魔法で作ると唾液と混ぜてそれを飲ませていく。

 甘い囀りの声を遮り、それでも腰の動きも尻尾への愛撫の動きも止めることはなく。
さて、堰が切れた時はどのような声を聞かせてくれるのか。
今しばらくと快楽を掻き立て続けてから漸くを唇を離す**]

[言葉遣いは子どものように思える時もあり、
性交の最中は艶やかに男を誘う表情を見せるレイは、
子が出来たら慈愛に満ちた教え上手な母となるだろう。

どれもレイの一側面であり、本人は意図的に切り替えている訳ではないだろうし、小龍としてはどの顔も堪らなく好きだ。

目覚めのキスを望んで、恥ずかしそうにお願いする姿も。]


 早起きは得意だからな、任せろ。
 馬に乗らないのに立派な「おうじさま」ってのはよくわかんねーけど。


[異国の絵本に描かれているなら、今度寝物語に読んでもらおうか。
子どもに読み聞かせをする練習台の名目で。]

[恥じらう彼女の夜着は肌触りが良いだけあって、滑るように脱がすことができた。
汚れを確認するのはとりあえず後にして、桶に入れておく。
小龍のボロ布に近い夜着と違って、彼女のそれは恐らく新品だろうし、気をつけて手洗いする必要があるだろう。

前から腕を回して、後ろで結んである心衣の紐を解く。
脇から抜くように右手で引っ張ると、ふわりと胸が揺れた。]


 ……綺麗だな。


[心から称賛する。

誰かの手で捏ねられたこともない乳首は粒のように小さく、ふくよかな胸の中心で淡く色づいている。
そこを隠すか隠さないかの位置まで菫色の髪の毛が伸びていて、白い肌との対比が眩しい。
先程まで間近に見ていた下肢は、密やかに生えた薄い毛が照明を受けて光っている。

小龍は暫く見惚れてしまい、声が出なかった。
それでも、白い肌に浮いた鳥肌で裸の寒さに気づけば、彼女をそのままにしてはおけないと蛇口を捻る。

空いた桶に湯を溜めて持ち上げた。
彼女はいつも何処から洗うのだろう。
指定があればそこから湯をそっとかけて、掌で汚れを落とすように撫で下ろした。**]

[今までは叶うなんて思っていなかった願いが、今叶っている。
夢のようだとシャーレンは思う。
けれど、彼から伝わる熱も、彼に与えられる快楽もそれが夢ではないと教えてくれた。

彼から女として愛されるという事を知り、"気持ちいい"を知っていく。
知らない事を知るという事は自分にとって糧となり、魅力にもなりえる。
子を産むくらいになれば、今よりも彼にとって魅力的になっているといい。
誰に何を言われたとて、その魅力は彼の為だけのものなのだから]

もちろん。
恋をすると女性は綺麗になるんですって。
何度も貴方に惚れ直して、貴方の為に綺麗になるわ。

[今まで家族や周りの人から愛されてきたけれど、恋をしたのは初めてで。
これからもずっと、この特別な想いを伝え続けていくだろう。
今この時も、愛しいという気持ちと彼を恋しいと想う気持ちを抱えている。

彼がシャーレンからの褒め言葉を噛み締めるような表情を近いうちに見る事が出来たなら。
褒めた側であるが、彼と同じくらい嬉しさを感じるのかもしれない]

そっか、うれし…。

んぅ…私しか脱いでない…。

脱がせたら…?


[恥ずかし気な表情のまま、唇を尖らせていれば秘所の中から指が抜かれ。
ほ、と息をつく。
絡みついた愛液を舐める姿に恥ずかしさに照れくささがプラスされ、はわわっと頬に自分の手を添えた。
それでも、服を見つめていたからか彼はシャーレンの手を使い装束を脱いでいこうとした。
シャーレンも止めることなく、むしろ脱ぐのを手伝っていた。

止まってほしくはなくて、覆うものがなくなり直に彼の肌に触れられるようになれば。
彼の愛撫で愛液が溢れる秘所に彼の熱の先が入り込んできたかも*]

[教えたとおりに白馬に拘るシャオロンが面白くて、くすくすと笑ってしまう。
彼はとてもまっすぐで素直で純粋だ。
褥に入れば一転して野生の姿を見せるところも。
その差異に驚きこそすれ、魅力的に見えた。

任せろと自信に溢れた姿で言うところも、
幼さの残る顔つきは可愛く見えるのに、
レイから見ればとても格好良く見える。]


 お馬に乗らない「おうじさま」も居るんだよ。
 今度教えてあげるね。

 ……シャオがおはようのキスをしてくれるなら、
 わたしは、おやすみのキスを、
 シャオロンにあげる。


[これでおあいこ。なんて言いながら。
運ばれる合間も横顔にくちづけた。
ただ、キスがしたいだけの言い訳になったかもしれないけれど、それは内緒にしておこう。]

[夜着を取り払われて、肌が顕になる。
隠すものの無くなった肌を、両手で胸元を覆えば、小高い山がきゅっと中央に寄せられて、胸の合間に筋を作った。

綺麗だ、という声に冗談の気配ない。
それが尚更、羞恥を煽ることになっているとは彼は気づかないのだろうか。]


 あぁぅ……、恥ずかしいから、
 あんまり、見ないでぇ……
 

[シャオロンの視線に気づいて胸元を隠していた手は、赤くなった頬ごと表情を隠した。]

[浴室に入れば湯気が立ち上る。
シャオロンの入浴から少し時間が経っていたせいか、まだ少し肌寒い。
ふる、と身を震わせれば、すぐにシャオロンが気づいてくれた。

右肩を晒せば、肩口から湯を掛けられる。
温かさにほうっと溜め息が漏れて。]


 ……ンッ、……ぁ、はぁ……
 ……お湯、気持ちいいね。


[ふやけた顔でにこりと笑えば、湯が継ぎ足される。
お湯と一緒に彼の手が肌を添えば、擽ったさに少し身を捩った。**]

[「おうじさま」はどうやら一人ではなく、色んな種類がいるらしい。
魔物みたいなものだろうか。
レイが今度教えてくれるのを楽しみにしていよう。

一夜限りの儀式の相手ではなく、これからも続いていく「家族」。
きっかけは強制とはいえ、続けていくのは二人の意思。

朝おはようと自分がキスをすれば、眠りに落ちるのは彼女のキス。
すっかり気持ち良さが癖になったのか、言いながらも下頬にくちづけられた。
くすぐったさにぴくりと喉仏が上下する。
彼女は内緒の心算でも、小龍には何となく理由がわかる。
くちづけた後の表情を見れば。]

[自分が脱いですぐ彼女を脱がせたのは、職業柄傷や引き攣れの多い身体を彼女が見て怖がるかと思ったから。
ただ、「綺麗だ」というのは本当に思わず零れてしまった言葉で、自分から意識を逸らす目的ではなかった。
白い肌全体が羞恥で染まり、ますます美しい。
寄せられた胸のやわらかさに、先刻揉んだ感触を思い出して、ふう、と息を吐いた。]


 見なきゃ洗えない。
 胸を隠されるよりは顔を隠される方が洗いやすいけど。


[見えていなくても視線は感じるだろうか。
じっと見ていたから、鳥肌にも気がついて、彼女が身体を震わせるとすぐに湯をかけてやることができた。]

[ぬるつきを流し終えたら、後ろからレイを抱き締めるような恰好で風呂に浸かった。


 (……そういえば、まだ指輪を渡せていなかったな。)


彼女の指を後ろから持ち上げて、何の痕もついていない付け根を摘まむ。
朝、おはようのキスをする時に嵌めていれば、彼女は喜んでくれるだろうか。


それが、長年彼女が探していたものとそっくりであることは、小龍はまだ、知らない。**]




[ 今までコンと関係のあった異性は
  当たり前にリルの人間で、
  アルステラの婚姻が始まらなければ
  番になっていた可能性のある人たちである。
  けれども、コンはどこかでその可能性を
  元々から否定したかった。

  そんな折に彼女と出会い、
  感じたことのないほどに強い恋情を持ち、
  アルステラの婚姻を心底恨んだ。
  けれども今コンが感じている熱は
  彼女の吐息と、彼女の昂り。
  だからこそ恨んだことを反省する。
  この婚姻がなければコンと彼女は
  一生結ばれなかったはずだから。
  
  番うことの尊さと大切さを今、
  肌を重ねることによって感じている。  ]








   恋をすると、綺麗になる…か。

   それは楽しみにしたいな。


[ 綺麗になっていく彼女を見れば、
  愛情を感じてもらっていると実感できるが
  その分自慢したくなるので、
  彼女には自慢していいかと聞くはず。
  
  寝具の上であげたことのないであろう
  その嬌声をコンに聴かせている気分がどうなのか。
  明日以降にでも、詳しく聞きたがる気がする。 ]








   痛くないようにしたつもりだが…
   どうだろうかな……
   痛ければ、爪を立てていいからな。


[ 恥ずかしそうに赤らむ頬を隠す彼女は
  とても愛らしく、脱がせてもらいながら
  コンの熱が主張を激しくしていった。
  秘裂から垂れていた愛液を絡めつけると
  先端を入れては出してを何度か繰り返し
  彼女の腰をしっかりと支えて、
  先端から先を挿れていく。
  拡張が十分にいかずに痛がったかもしれないが
  コンは動きを止めることなく、
  根元まで彼女の中へ埋め込んでしまう。  ]




 




情報 プロローグ 1日目 2日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


←↓■□フィルタ

注目:シオン 解除する

生存者 (8)

シャオロン
5回 残----pt

レイの隣

レイ
8回 残----pt

シャオの隣

ジャヤート
2回 残----pt

いちゃこら

ユンチェ
0回 残----pt

おふ

マンユゥ
3回 残----pt

いちゃいちゃ

シオン
4回 残----pt

 

シャーレン
0回 残----pt

貴方に幸せを

  
0回 残----pt

愛してる

犠牲者 (1)

とある書物(2d)
0回 残----pt

 

処刑者 (1)

ルーパイ(3d)
0回 残----pt

 

突然死者 (0)

舞台 (0)

発言種別

通常発言
独り言
内緒話
囁き系
死者のうめき
舞台
置き手紙

一括操作




発言種別注目






















(0.09 CPUs)
運営 moonpupa
人狼物語 by あず/asbntby
人狼議事 by ななころび
トップバナー画像 by naomyplum
人狼物語画像 by Momoko Takatori
Schwarzwald(黒い森) by hagios
トロイカ TYPE:А / 哀愁のタタロチカ by かえるぴょこぴょこ/あさくら
ようちえんせんき かりんか / ハロリンカ / 凍れる水車 by かえるぴょこぴょこ/あさくら
霧雨降る街 / 少し大きな霧雨降る街 / 蒸気満ちる宴 by きりのれいん
メトロポリス / バビロン / ギルガメッシュ by すむろ水
ひなだん by hinaki
壱番街 / 壱番高校 by 壱猫[onecat]
外道大戦 by mtmt
都道府県キャラセット by kairi(企画代表)
繋<つなたま>魂 / 班帝家の一族 / H)SOCIUS(A by めいあ
もふぁんたじぃ / もふぉれすと by ほのゆる
Cathedral / 学園Cathedral / Grand Cathedral / 学園Grand Cathedral by Izuya
夜月町 by 夜月けい
南区 / 古今東西 by 南
IRO-COLORE(いろころる) by Izuya, 南
お茶会 / 演奏会 / 花見会 by ゆひろ
GNL / GNL+ by guiter-man
ジランドール / イルミネーション by may-co
シキメグリ by afinter
-汝人狼也-人物画 by 878, かんこ
closure / closure' by 閉
Emoricu, Cumorie by milk_sugar
ワンダーズ言戯団 by pike
宝石箱《Jewel Box》 by 宝石箱制作委員会
文明開化 by sin
カティサーク by apricot with y_hyuga
月狼学園 / 人狼署 / 狼達の軍歌 by apricot
花一匁 / 桃酔郷 by さね
po!son / Girl's Talk by pure_g
madparty by シロクマ
rhizome by CH3COOH
曲芸会 / 曲芸会Hello! by otokasa
AtoZ by 築
瑞洋館 by ういろ
LastSunday / HeaVen by 志摩
かくりよ by plmi
桃色concerto by 桃昆布
狼兎 by クロマ
人狼ヶ谷学園の放課後 by 竜山明日佳
bAroQue / tradimento by souya
Bokuyume. by 卜部
FGOキャラセット by 有志一同
魔法少女は眠らない by 魔法少女チップ企画
Liberte by みぃな
噛志野医院 by manamiz
メギド人狼 by メギドチップ企画
absolventi by ぶんちゃん
歳時抄 by 小由流
文アルセット by 文アルセット企画
荘園パック by ARC(企画代表)
Friends by 真知
城下町の酒場 / 大神学園 by じっぷ
エッグ by 朧恩
ぐれすけ・ぷらす by 純
ニューホライズン by youden
バーバチカ / プトロレ by たべ
ユメツナギ by 天瀬春日
StarGazer by CONBE
御常紀学園 by HS_29
オハナシノクニ by オハナシノクニ制作委員会
Fragment of Jewels by 粉海月
花園女学院 / 他種族孤児院 by はこみ
xxxx組 by サイコ瓦
おりふし学園 by めんるい
Fairytale Syndrome by hTuT
お野菜キャラセット画像 by 無料素材倶楽部
Siuil a Run by 匈歌ハトリ
紫煙をくゆらせ by 空砂
RocketPencil by 山本羅刹
エトリエ / エトリエ・戦国 by とり
ボワボンボン by あとらそふと
古の迷宮 by とり夫
JEX Online by katarazu
煌夜の決闘 by ジュエルセイバーFREE
こだわりアイコン by fatcow
トランプ画像 by しろま空間
リンソン by moonpupa