10:35:48

人狼物語 三日月国


112 【R18】アルステラのもとに婚姻を

情報 プロローグ 1日目 2日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


 嗚呼……すっごい気持ちいい……。
 マンユゥも尻を動かして――。
 尻尾が可愛く揺れてるぞ。


[マンユゥの手が胸板に触れるとふよんと靭な肉体に触れる。
使ってきたことで作られた肉体は無駄な筋肉はなく触れると柔らかくも温かい。
乳房のような柔らかさではないが上質の肉の柔らかさはまた別の触感であろう。

 それに屹立に触れられると腰が僅かに動いてしまう。
互いに腰を動かしながら快楽を覚えるように手を動かして――]


 女の身体はこうなるのだな。
 胸の先が随分と尖ってきたぞ。


[今気づきましたとばかりに掌で焦らしていた主張する先端を指で摘まむ。
摩擦の少ないぬるぬるの液体は触れると色づきの上を指が踊る。
人差し指と中指で根本から軽く摘まみながら親指で先端をコリコリと捏ねてやりながら蕩けた表情を尚も覗き込み]

ふふ、でしょう?

[今までは一緒に行ける場所は限られていたから、これからは一緒に散歩したり出掛けたり。
思い出をたくさん作りたい。
子どもが出来れば、自由に出歩く事も難しくなるだろうから今のうちに、というのもある。

ちなみに、シャーレンは好き嫌いがない。
果物などの甘いものを好むがその日に取れたものを美味しく頂く、が基本である。
余程の偏食でない限り、喧嘩になることはないだろう]


言質…。
んー…暫くは露出の少ないものにしなくちゃかしら。

[困りはしないと思うが、言質を取ったと言われると少々複雑である。
こうゆうところは敵わないと思いつつ、暫く服装が露出の少ないものになったなと頷いて。
これから付くだろう彼の印は暫く消えないだろうし、外出する際は気を付けなければいけない。

彼の手が更に深く潜り込んでくる。
素肌に触れる指先がくすぐったく笑みは浮かべたまま]

うん、わかった。

[初めてなのだから、"好きにして"は絶対に言うなと言い含められていた。
なので痛い時は素直に言うつもり。
多少であれば、我慢する可能性もあるが。

言葉の雰囲気から、彼は経験があるのだなと察する。
少し嫉妬してしまうが、指が下着の線をなぞり彼に問われたので頭の片隅に追いやった]

これ?
義姉が初夜もあるから、って渡されたの。

[一番上の兄の嫁が嬉々として渡してきたのだ。
シャーレンとしては少々大胆じゃないかと思ったが、経験もないしそうゆうものかと納得してしまった。
これからも見るのは彼だけだから問題はないはず、たぶん]

よ…よろしく、お願いします?
えっと、わかった。

[愛らしいかはわからないが、気持ちいいと感じたら素直に言う事にした。
留め具が全て外されると小さく呟く声にこくりと頷く。
不甲斐ないと思ったのか、その表情も愛しく思えて、隠れている脇の留め具を外して腰まで脱いでしまう。
衣装に胸当てが付いている為、腰まで脱いでしまった今、胸を隠すものは何もない*]

[誓いのくちづけは触れ合わせただけで離れる。]


 ……涙の味がする、


[くす、と笑ってもう一度くちづけた。
角度を変え、もう一度。]


 レイ、こっち。
 俺の膝、乗れる?


[抱き寄せて、自分の膝を跨いで座るように促した。]



 リルの……ジャヤート、だっけ?
 宴の席で嫁を膝に乗せてたの。
 正直羨ましかったんだ。


[その名は事前にレイに聞いていた。
「友達」だと。
あんな手が早そうな男と友達でいて、よく無事だったな、なんて零す。
小龍は自分が思うよりずっと嫉妬深いらしい。]

[対面で上に座らせると、彼女がより近くなる。
香油がふわりと香って鼻をひくつかせた。]


 レイは良い匂いがする……


[薄く口を開いて彼女の唇を食む。
ちゅう、と音を立てて吸い付いて、咥内でちろちろと下唇を舐めた。

様子を見ながらそれを奥へと伸ばす。

「ロン」とはくちづけを交わしたことがあるだろうか。
あったとしても、この記憶で上書きしてしまいたい。*]


んんっ......!

[彼が、胸の谷間に顔を埋ずめ、肌を吸い上げる。
ちくりとした痛みが走り、赤い痕を残したか。
普段は人から見えない場所。
密やかな痕はマーキングめいていて、
どきどきと興奮を煽った。]

うん、わたしも、......
これからずっと、ジャヤートのものだね......

[浮かされたようにとろりと目を細めた。
爪先から頭まで、彼の手で染められたいと思う。
彼が欲する心ごと、余すところなく差し出してしまいたいと。]

あっ......んんっ......
はぁあっ......ん、ぅ......

[その間にも彼の手がやわやわと乳房を揉みし抱く。
比例して体の熱は上がっていくのに
尖った箇所には触れてくれず、
焦れったさだけが先端に溜まっていく。
瞳が切なげに歪み、触れ合う脚を
無意識に彼に擦り付けながら手を伸ばした]

ん、きもちいい......?

[引き締まった体には無駄な肉はついておらず、
程よい硬さと弾力がある。

お互いに高めあうように、
彼を感じて受け入れる準備をするように
しっとりとした掌で胸を撫で回し、
腹や腰にも触れて洗っていく。

反応が良いようなので竿にそろりと指を絡め、
ゆるゆると泡を絡めるように上下させた。]


あ、っ......こ、これは......っ
ちがくて......、やぁぁんっ......!

[尻を動かすたび物欲しそうに揺れる尾を指摘され、
かあっと顔を赤らめる。
その直後に指で先端を捏ねられ、一際大きく甘い声をあげた。

きゅっ、きゅっ、と尖ったところをいじめられれば
さっきよりも強い「きもちいい」が
じわあっと腰のあたりに広がってたまらなくなる。]

やあっ、さきっぽ......っ
こりこりしたらっ、はぅぅ......っ
だ、だめ、こえでちゃ、ぁぁん......!

[どうも乳頭が敏感なのか、
すぐに頭の中がぽーっとしてしまう。
彼が顔を覗き込めばきもちよさそうに脱力した
女の顔が映るだろうか。]

[初めてのくちづけは涙の味。
離れていく唇に伏せていた瞼を開けば、思った以上に近くにシャオロンの顔があって、涙を指摘されて小さく笑った。]


 ……んっ、……
 これは、嬉しくて、だから、ね?


[触れるだけのくちづけを落とされながら、ようやく晴れた顔を見せる。]


 ……?
 ……は、ぇっ……!?


[手を引かれるままに促されて、頷きかけたがシャオロンの膝をと勧められて少々狼狽えた。
でも、見ている人が居るわけでもなしと思えば、おずおずと対面するように膝の上に腰を下ろして、少し下に来たシャオロンの顔を見つめる。]

[母親ぐらいしか寄せたことのない顔の距離。
緊張と恥ずかしさで仄かに頬を染めてしまう。]


 ……あう、……

 でも、ジャヤートたちは、
 お膝に座ってただけで、……こんな、
 向き合って、なかった、よ……?

 
[対面すれば食べることも出来ず、視界に移るのはシャオロンだけになってしまう。
ジャヤートのことを話すシャオロンが、どこか拗ねたような素振りに見えて、彼の気を引こうと、つんと頬を突付いた。]

[シャオロンの膝に乗っている分、彼の顔は自身の胸の近くにある。
小ぶりではないが大きいという程でもない自身の胸。
近づけば、胸のどきどきが聞こえてしまわないかとひやひやした。]
 

 匂い? 香油かな……ぁ、んぅ……


[返事を返そうとしたら、唇を吸われて甘い声が漏れる。

くちづけは唇を閉じてするものだと思っていた。
きゅっと引き結んでいたら、舌先で擽られるように触れられて、思わず唇が綻ぶ。
口元が緩めば、更に奥に舌先が伸びて、初めての感覚にぞわりと肌が戦慄いた。]

 
 ……ふ、ぁ……っんぅ……


[とろりと眦が下がって、行き場のない手がそっとシャオロンの肩口に掛かる。
舌先で舐められるのが気持ち良くて、ふわふわとしてくる。*]



   本当に、一緒になれたんだな……
   他人の目を気にしなくていいとは
   まだまだ慣れそうにないかもしれない。


[ 2人での時間はたしかにまだまだ足りない。
  いつもは夜、人目につかないところで
  愛を確かめ合っていたから、
  日の中でそれをしていいとなると、
  少し気恥ずかしいものがある。

  子供ができたなら、2人で育てるつもりで
  コンも働いて家庭にいることだろう。
  けれどもまだ、それは先の話にしたい。
  妻としての彼女をもっともっと
  堪能してからにしたいのだ。

  食べ物はお互いの郷土料理も教え合いたい。
  そうしたら、新たな扉を開くことが出来るはず。 ]







   君もこれから沢山言質を取るといい。
   そうしたら、俺に色々強請れるかもしれないぞ。



[ くすくすと笑って、コンは言質を取ることを勧める。
  それはコンの弱みを握ることと同意義だから
  彼女にとっても悪いことではないはずなのである。
  
  露出少なめ、の言葉に関しては首を縦に振って
  そのほうが彼女のことを守れると思うと
  小さく呟いた。リルの人間が茶化す可能性も
  微々としてあり、気をつけるに越したことはない。 ]






   よく手入れされている肌だな……

   大切に育てられたのがよく分かる。


[ 好きにして、ともし彼女が言うならば
  コンの思うままに彼女が泣いていても
  無理やりしてしまった可能性があった。
  それだけ、今この瞬間はコンの理性を
  破壊するのに十分であると言うこと。

  だからこそ、それは言ってはいけない。
  けれどもいつかは、言われてみたい。
  その時は、酷くはしないはず。

  彼女が嫉妬してしまっていたと
  後からでも知ることができれば、
  コンがどれだけ彼女を想っているのか
  その体に教え込んでいくだけ。    ]





   義姉か………俺以外がこれを見ていたら
   発狂してた気がする。
   身内に渡されているなら、仕方がない。
   みなくとも分かるが、綺麗だ、シャーレン。
   ……また後で、じっくり見る。


[ これからもコン以外が見ることはないだろうが
  それを選ぶことがこれから先もあるのかと
  知ることになれば、その日は心臓が跳ねて
  気もそぞろになること間違いなし。

  見たくて、けれども焦らしてほしい。
  だからまたの機会も楽しみにさせてほしいところ。 ]







   そうやって脱がせるの、……かっ……?!


   きれい、だな……こんなに実っているとは…


[ 脱がせ方が分からなくて脱いでもらったのなら
  コンの目の前にたわわに実った果実がふたつ。
  正しくは彼女の育った胸なのだが、
  直に見ると流石に驚いた声を隠せなかった。

  脚を撫でていた手さえも上に持っていき
  その果実を両手で真ん中へ寄せては離し、を
  何度か繰り返して綺麗な胸を楽しんだ。
  彼女から何か言われたなら、
  乳頭に舌を這わせてみるのだった。     ]*




 ふ、っ、はは、気持ち、いいな。
 もっとしたい、ぞ。


[もっとと強請り唇に吸い付いていく。
唾液を飲み込むのも忘れ、呼吸も途切れ途切れとなっていく。
鼻から吸うには蒸気が邪魔で、唇から空気を吸えば唾液が唇を濡らしそれは互いの唇を艶やかに彩っていく。

 キスを味わいながらジャヤートの指先は至極心地よさそうな乳頭を可愛がる。
いじめているのか、可愛がっているのか。
乳房と共に指先で感触を堪能し、囀る声を耳にする]

 いいんだぞ。
 声はもっと聞いていたい。
 我慢なぞ、しなくともな。
 マンユゥの声がオレを昂らせてくれる。
 聞いているオレも耳に心地よい。


[だからこその分厚いカーテンであり、分厚めの壁なのだ。
楽しくすごす時に邪魔をされたくはない。

 キスと乳首への愛撫で一層と蕩けていけば片手を乳房から離して脇腹をなぞりゆく。
腰の女神の微笑みを乗り越えると柔らかな尻を一撫でする。
尻肉の柔らかさを確かめ、洗うという名目でねちりと音をさせていき――]


 尻尾も、洗おうな?


[尻尾に指を這わせていけばどう反応してくれるだろうか。*]


 嬉しくても涙が出るのか?
 初めて知った。

 レイには色んなことを教えられるな。


[唇を合わせながら、時折零れて来た涙を吸う。
海の民だからだろうか。
涙の味が塩気を帯びているのも、小龍には初めて知ることだった。

腰に座らせると頬の赤みがよく見える。
色白の肌が桃色に染まる様が可愛らしい。]



 同じじゃ芸がないだろ。
 それに、同じ方向向いてたら、キスができない。


[拗ねた頬を突かれる。
彼女からも触れてくれたのが嬉しくて、その指に頬擦りするように顔を傾けた。

自然と弧を描く唇が彼女に会いたがるものだから、気づけば何度もくちづけを交わしていた。
抱き締めて密着すれば、胸元にやわらかな感触。
寝る時に下着はつけているのだろうか。
ふわふわしたそこからは、高鳴る鼓動が伝わってくる。]


 香油はいつもつけてるのか?
 泉で初めて出会った時から、良い匂いだなって思ってた。


[漏れた声が色を帯びている。
これから小龍が望んでいることは、彼女にとって初めての行為だろうから、焦らずに彼女自身の心と身体を自分に委ねさせたくて、唇がふやけそうな程に何度もキスを繰り返す。]


 ……声可愛い。
 普段喋ってる声も可愛いけど、今の上擦って甘くなってんのも堪んねー……


[舌先が口蓋を行き来する。
吐息に少し酒精が混じっている気もしたが、すぐにわからなくなった。

時折膝を揺らして下肢にも緩やかに刺激を与える。
やわらかく当たる胸を触りたい気持ちはもう少し我慢していよう。*]

 
 出るよぉ……、
 ふふっ、シャオロンは知らないこといっぱいだね。

 感情が高ぶるとね、ひとは泣くの。
 悲しいことだけじゃないんだよ。


[宥めるようにくちづけられて、涙を吸われて。
涙を不思議なもののように言うシャオロンにくすくすと笑う。
幾度もくちづけられるから擽ったくて、お返しのように、ちゅ。と触れるだけのくちづけを送った。
目を閉じてぶつけるようにしたから、唇とは少しズレて、口端に当たる。

与えられた分だけ、返したくて。
彼の真似をするように、今度はちゃんと唇にくちづけた。]



 ……そういうもの?


[芸がないというシャオロンにきょとりと瞬く。]


 キ、キスは……わたしも、したいけど……


[代わりにキスには同意して、頬を突付いた手に肌が寄せられて、手を広げてゆっくりと頬を撫でた。
甘えるような仕草にきゅんとする。

その間にも降り注ぐくちづけがくすぐったくて、気づけばくすくすと笑っていた。
ぎゅっと抱きしめられれば、身体の間の隙間が一気に無くなる。
これだけ近づいていれば、跳ねる心臓の音は隠しきれないだろう。
夜着の下に一枚だけ付けた心衣では心もとなかった。]

 
 うん……っ、自分で作ってるのを、少しだけ。
 ……泉の花を……っ、使ってるのよ。


[軽いくちづけの合間に、口腔を舐められるようなキスを織り交ぜられて、会話の端々が途切れてしまう。
繰り返しくちづけられて、唇の隙間から、はふ、と熱の籠もった吐息が溢れる。]

[会話が途切れれば、くちづけに夢中になっていた。
息継ぎも上手く出来ずに、隙間が出来れば呼吸を紡ぐのに。
また唇を塞がれて、呼吸を忘れそうになる。

気づけば言葉を紡ぐことも忘れていた。
ちゅ、と室内に水音が響くようになる。
シャオロンから送られる唾液を、こくんと嚥下して。]


 ……ぁ、んぅ……、はぁ……
 ……ぅんっ……キス、きもち、い……ね?


[蕩けるようにふにゃりと笑えば、座っていた膝が縦に揺れた。
快楽をまだ知らぬ花園が、甘い刺激に反応する。]


 ……っ、ぁん……
 しゃおろんっ……、ゆらすのっ、だめぇ……


[未知の感覚にもぞもぞと下肢が揺れる。
あまり続けられると、その刺激にだめになりそうで。
ふる、と弱く首を横に振った。*]

昨日までだったら考えられなかったわ…。
でも、こうして一緒にいられるようになったんだもの。
少しづつ慣れていけばいいわ。

[今まで満足に一緒に過ごせなかったから、これからは誰に遠慮することもなく共に過ごしていける。
最初は気恥ずかしさもあるだろうが、それも徐々に慣れていくはずだ。

子どもが出来るのは楽しみだが、もう暫くは彼との時間を楽しみたい。
けれど、きっと彼はいい父親になるだろうなと思う]

あらあら、そしたらたくさん甘えちゃうかもしれないわ?

[言質を取ることを勧められるとは思わなかったが、シャーレンにとっては得意分野である。
年上に自然に甘えることが出来るし、歴史ある家柄故に話の誘導の仕方も教わった。
シャーレンは弱みと捉えないだろうがこれから先、言質を取って甘えることが多くなるかもしれない。

ヴィス族の者が茶化すことはない気はするが、リル族の者がそうとは限らない。
避けれるものは避けておいた方が安全だろう]

ふふ、努力の賜物でしょう?

[大切に育てられてきたというのは間違いではない。
肌に関しては半分以上はシャーレンの努力の成果だったりするが。

初夜だから言うなと言われているけれど、今でなければ言ってしまう可能性は高い。
シャーレンにとって彼は最初で最後の人であるし、彼になら大抵のことは許せると思っているから。

近いうちに、過去の女性に嫉妬してしまったと伝える日が来るかもしれない。
その時は喜んで彼の想いを受け止めるはず]

 




情報 プロローグ 1日目 2日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


←↓■□フィルタ

生存者 (8)

シャオロン
5回 残----pt

レイの隣

レイ
8回 残----pt

シャオの隣

ジャヤート
2回 残----pt

いちゃこら

ユンチェ
0回 残----pt

おふ

マンユゥ
3回 残----pt

いちゃいちゃ

シオン
4回 残----pt

 

シャーレン
0回 残----pt

貴方に幸せを

  
0回 残----pt

愛してる

犠牲者 (1)

とある書物(2d)
0回 残----pt

 

処刑者 (1)

ルーパイ(3d)
0回 残----pt

 

突然死者 (0)

舞台 (0)

発言種別

通常発言
独り言
内緒話
囁き系
死者のうめき
舞台
置き手紙

一括操作




発言種別注目






















(0.09 CPUs)
運営 moonpupa
人狼物語 by あず/asbntby
人狼議事 by ななころび
トップバナー画像 by naomyplum
人狼物語画像 by Momoko Takatori
Schwarzwald(黒い森) by hagios
トロイカ TYPE:А / 哀愁のタタロチカ by かえるぴょこぴょこ/あさくら
ようちえんせんき かりんか / ハロリンカ / 凍れる水車 by かえるぴょこぴょこ/あさくら
霧雨降る街 / 少し大きな霧雨降る街 / 蒸気満ちる宴 by きりのれいん
メトロポリス / バビロン / ギルガメッシュ by すむろ水
ひなだん by hinaki
壱番街 / 壱番高校 by 壱猫[onecat]
外道大戦 by mtmt
都道府県キャラセット by kairi(企画代表)
繋<つなたま>魂 / 班帝家の一族 / H)SOCIUS(A by めいあ
もふぁんたじぃ / もふぉれすと by ほのゆる
Cathedral / 学園Cathedral / Grand Cathedral / 学園Grand Cathedral by Izuya
夜月町 by 夜月けい
南区 / 古今東西 by 南
IRO-COLORE(いろころる) by Izuya, 南
お茶会 / 演奏会 / 花見会 by ゆひろ
GNL / GNL+ by guiter-man
ジランドール / イルミネーション by may-co
シキメグリ by afinter
-汝人狼也-人物画 by 878, かんこ
closure / closure' by 閉
Emoricu, Cumorie by milk_sugar
ワンダーズ言戯団 by pike
宝石箱《Jewel Box》 by 宝石箱制作委員会
文明開化 by sin
カティサーク by apricot with y_hyuga
月狼学園 / 人狼署 / 狼達の軍歌 by apricot
花一匁 / 桃酔郷 by さね
po!son / Girl's Talk by pure_g
madparty by シロクマ
rhizome by CH3COOH
曲芸会 / 曲芸会Hello! by otokasa
AtoZ by 築
瑞洋館 by ういろ
LastSunday / HeaVen by 志摩
かくりよ by plmi
桃色concerto by 桃昆布
狼兎 by クロマ
人狼ヶ谷学園の放課後 by 竜山明日佳
bAroQue / tradimento by souya
Bokuyume. by 卜部
FGOキャラセット by 有志一同
魔法少女は眠らない by 魔法少女チップ企画
Liberte by みぃな
噛志野医院 by manamiz
メギド人狼 by メギドチップ企画
absolventi by ぶんちゃん
歳時抄 by 小由流
文アルセット by 文アルセット企画
荘園パック by ARC(企画代表)
Friends by 真知
城下町の酒場 / 大神学園 by じっぷ
エッグ by 朧恩
ぐれすけ・ぷらす by 純
ニューホライズン by youden
バーバチカ / プトロレ by たべ
ユメツナギ by 天瀬春日
StarGazer by CONBE
御常紀学園 by HS_29
オハナシノクニ by オハナシノクニ制作委員会
Fragment of Jewels by 粉海月
花園女学院 / 他種族孤児院 by はこみ
xxxx組 by サイコ瓦
おりふし学園 by めんるい
Fairytale Syndrome by hTuT
お野菜キャラセット画像 by 無料素材倶楽部
Siuil a Run by 匈歌ハトリ
紫煙をくゆらせ by 空砂
RocketPencil by 山本羅刹
エトリエ / エトリエ・戦国 by とり
ボワボンボン by あとらそふと
古の迷宮 by とり夫
JEX Online by katarazu
煌夜の決闘 by ジュエルセイバーFREE
こだわりアイコン by fatcow
トランプ画像 by しろま空間
リンソン by moonpupa